建築いろは【2】

TKプランニングの『地震に強い家』ってどんな家?

2000年に国交省が定めた住宅性能表示の1つに耐震性能があります。
建築基準法では、数百年に一度程度発生する地震による力が定められており、
この力に対して倒壊しない程度のものを『耐震等級1』としています。

TKプランニング 家

『耐震等級3』は、最高等級で建築基準法の1.5倍の耐震性をもっています。

その最高等級がTKプランニングの『地震に強い家』なんです。

耐震等級1でも倒壊しないなら、そこまでこだわらなくてもいいんじゃない。
と思うかもしれませんが、建築基準法の耐震性能にはウラがありまして、、、

建築基準法を満たした家は、阪神淡路大震災では倒壊などの被害を受けませんでした。

しかし、2016年に発生した熊本地震では、この基準を満たした住宅も倒壊しました。
震度7に2度見舞われた益城町では、耐震基準を満たした51棟の木造住宅が全壊しました。
震度7の地震が立て続けに発生する事態は、現在の耐震基準では想定されていません。

建築基準法が要求している耐震強度は、震度7に1回だけ耐えられる強度なんです。
2回目の震度7には耐えられないんです。

今後また、震度7の大地震が2回続けて発生するかもしれませんし、
発生しないかもしれません。こればかりは誰にもわかりません。

ですから、
TKプランニングの家は、どちらでも安心して住むことができるように
耐震等級3という最高等級を標準仕様としています。
創業以来、ずーっとこだわり続けてきた耐震性能ですから。

さらに、
万が一、大地震の揺れで全壊してしまった場合、「耐震補償」も付けます。

大切な「家族」「財産」を地震から守ります!

関連記事

おすすめ記事

プロジェクト一覧

PAGE TOP