家庭用蓄電池は買い時?

蓄電池

2019年11月から続々と固定価格買取制度(FIT)が終了する家庭が増えています。

卒FIT後売電価格が大きく下がるため、発電した電気を売るのではなく、貯めて使うことにシフトすることから「家庭用蓄電池」の需要が増えてきています。

蓄電池のメリットですが、なんといっても「電気代が安くなる!」ここでしょう。

昼間は太陽光で発電した電気を使い、余った電力は蓄電池へ貯め、発電できない夜や早朝に 蓄電池の電気を使用することで、電力を買う量を減らすことができますから、電気代を抑えられます。

それと、災害時などで停電が起きた際にも、蓄電池があれば一定時間なら電気が使えます。

夜間に使い切ってしまっても、太陽光発電が設置されていれば昼間に発電した電気を貯めておけるので停電が長期化しても大丈夫です。

蓄電池

メリット以上に関心があるのが「蓄電池っていくら?」ですかね。

「本体価格+設置費用+電気工事費=蓄電池の値段」です。

蓄電池の本体価格、以前は非常に高額でしたが、普及が進むことで導入費用が大幅に抑えられています。

さらに、国や地方自治体の補助金を活用すれば初期投資もコストダウンできます。

TKでも蓄電池の設置工事を取り扱っておりますので、ご興味のあるかたご連絡ください。

まずは、「蓄電池っていくら?」から始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 20周年 記念
  2. OB様感謝祭
  3. 干支
  4. 家づくり 顔シート
  5. マラソン
  6. 選択

おすすめ記事

  1. 定休日

プロジェクト一覧

  1. K様 地鎮祭
  2. 八王子N様 地鎮祭
PAGE TOP