省エネ住宅が健康に及ぼす影響

省エネ住宅

「省エネ住宅」注目されていますが、省エネ住宅のメリット「光熱費の削減」だけと思われているかたも多いのではないでしょうか?

住宅の断熱化居住者の健康にも大きな影響を及ぼすのです!

PubMed実施した調査によるとこんな結果が出ています。

室温18度以上、18度未満、12度未満のご家庭を対象健康診断の結果比較しました。

省エネ住宅

室温18度未満、12度未満の住宅に住む人室温18度以上に住む人と比べて、

【心電図の異常所見】

室温18度未満:1.8倍
室温12度未満:2.2倍

【総コレステロール値】

室温18度未満:1.8倍
室温12度未満:1.9倍

また、近傍室温住宅床16.1度以上の住宅は、喘息の子供半分の0.5倍という結果も…!

光熱費だけでなく健康にもメリットのある「省エネ住宅」を、ぜひこの機会にご検討をしてみてはいかがでしょうか?

現在、東京都では補助金制度をおこなっています。

ご質問などございましたら、TKプランニングまでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 秋の紅葉
  2. 豆苗
  3. 飛び込み営業
  4. パントリー収納
  5. こどもエコすまい支援
  6. 台風

おすすめ記事

  1. 定休日

プロジェクト一覧

  1. K様 地鎮祭
  2. 八王子N様 地鎮祭
PAGE TOP