ヒートショック

ヒートショック

先日のヒートショックについてです。

入浴中の事故を減らすためには、「温度差を減らすこと」大切といわれています。

脱衣場、浴室部屋と温度差が出ないよう温めることを心がけましょう。

また、浴室暖房を利用したり、湯船のフタを開けて温度を調整したり、アツめのシャワーを浴室に流したりするのも効果的です。

湯温は41℃以下、入浴時間10分以内。
飲酒後の入浴を控えて、入浴前に水分補給を意識することポイント。

ヒートショック

現在日本では、住居の最低室温についての法令は存在しません
ヨーロッパなどでは室温を一定に保たない場合に罰金などのルールが定められている国もあります。

世界保健機関WHO冬の室内温度全室18℃以上に保つことおすすめしています。

そんな悩みを解決するのが、省エネ住宅!
省エネ住宅では、部屋ごとの温度差が解消されるためヒートショックのリスクが低くなるといわれています。

断熱性の高い省エネ住宅は、経済的にも健康的にもやさしいおうちなのです^^

「健康」と「エアコンの節約」どちらが大事ですか?

快適に過ごせる毎日を積極的に実現していきたいですね!

関連記事

  1. 家族
  2. 浴室乾燥機
  3. 青梅 七福神 めぐり
  4. 玄関ドア
  5. お墓参り 大仏
  6. 9月

おすすめ記事

  1. 定休日

プロジェクト一覧

  1. K様 地鎮祭
  2. 八王子N様 地鎮祭
PAGE TOP