8月29日/羽村市J様邸

J様邸解体工事の2日目です。

天井と壁を壊したら予期せぬことが発生><
撤去する予定だった柱が2階の床を支えているという、お家で大事な役目を果たしていたことが発覚しました。

この柱を外すと家の強度が弱くなる、だけれども柱が残ると使い勝手が悪い…。

そこで、社長から柱の位置を45センチメートルずらして
強度と使い勝手の両方をクリアにする
のはどうだという提案が…!

お施主さまと相談して、そちらですすめることに決まりました。

リフォーム工事で、こういう事態が起こることはめずらしいことではありません。
リフォーム工事には、設計と現場の両方をわかっている匠が欠かせないのです。

新築でもリフォームでも、住む人の安全を守る役割に差はありませんもんね^^
『安心して暮らせる家』がなによりも優先です。

週明けからは、床の解体工事がはじまります。
25年前の施工はどんな工事なのでしょうか?

また、引き続きレポートをします!

関連記事

  1. リフォーム後 洋室
  2. リフォーム適正価格
  3. S様邸 リフォーム工事 洗面所
  4. S様邸 リフォーム工事 浴室

おすすめ記事

  1. 定休日

プロジェクト一覧

  1. K様 地鎮祭
  2. 八王子N様 地鎮祭
PAGE TOP