インターバル速歩

インターバル速歩

速足で3分歩き、ゆっくり3分歩く。

この繰り返し「インターバル速歩」といって、健康寿命を確実に伸ばすそうです。

筋力と持久力って、20代をピークに40代を過ぎると急降下し、衰えていきます。

運動しないで、そのまま放っておくと70歳で寝たきり、なんて可能性が「大」です。

一方、日頃運動している人の寝たきり危険ラインは85歳、というデータが出てます。

健康寿命に約15年の大差がついちゃうんですよ。

老人

インターバル速歩、具体的に説明しますと、

息が上がるくらいの大股の早歩き3分と、
ゆっくり歩き3分1セットとして、

これを5セット繰り返します。

1日30分、週4日で合計120分間行うのが基本です。

効果のほどですが、
筋肉量が増えるのはもちろん、
生活習慣病や認知症の予防、改善など、さまざまな効果が実証されています。

関連記事

  1. 名前 由来
  2. 孫
  3. 税金
  4. 食事制限
  5. 正月 門松
  6. 外壁

おすすめ記事

  1. 定休日

プロジェクト一覧

  1. 青梅市I様邸 TKプランニング
  2. 八王子N様 外観
PAGE TOP