安心の家造り。施工現場をリポートします。│青梅市T様邸

TKプランニングでマイホームの夢をかなえたお客様

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
青梅市KC様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇青梅市T様邸◇

シーリング 11月22日B

キッチンのほかにも洗面化粧台の廻りにも
シーリングを打ちます。壁との隙間に水が入ったら嫌ですものね。

11月22日A

キッチンと壁の隙間にはシーリングを打ちます。

キッチン
LDK 11月22日@

カーテンレールが取り付けられ、床の養生が
外されました。
もう少しでお引渡しです。

11月11日D

玄関を開くとニッチが見えます。

クロス
クロス 11月11日C

洗面脱衣室の棚とニッチのまわりもクロスが
はられました。

11月11日B

近づいてみると素敵な柄が入っています。

クロス
クロス 11月11日A

クロス施工中です。
壁と天井のクロスがはり終えていますね。

11月11日@

青梅市T様外観です。

外観
クロス下地 11月9日G

クロス屋さんが下地施工をしています。
段差や目地などがあるとキレイに仕上がらないので、パテで埋めた後やすりをかけて均一な面にしてから施工します。

11月9日F

クロス材や接着剤が搬入されました。

クロス
トイレ 11月9日E

クロス施工が終わった後、トイレなどの設備取り付けが始まります。

11月9日D

内部の棚やニッチの施工が終わりました。

キッチン 11月9日C

キッチンではレンジフードの取付けが始まりました。

11月9日B

仕上がりはこのようになります。
きれいですね〜。

左官工事
左官工事 11月9日A

住宅の基礎にモルタルを塗って化粧することを一般的に「基礎巾木仕上げ」というように呼びます。施工は左官屋さんが行います。

11月9日@

青梅市T様邸足場が外れ、外観が見えるようになりました♪

外観
洗面化粧台

10月21日H

天井に石膏ボードがはられ、建具の枠が
施工されています。

10月21日G

マガジンラックが取り付けられました。

機械
ニッチ

10月21日F

電気配線やCD管、ルフロのダクトが見えています。

10月21日E

内部では藤野大工が建具のレール施工中です。

トイレ
太陽光

10月21日D

太陽電池パネルの設置完了です。

10月21日C

アルミ製の架台を支柱金具に取り付けていきます。

太陽光
太陽光

10月21日B

墨出しをしてある部分に均等に設置していきます。

10月21日A

続いて支柱金具の取り付けです。

太陽光
太陽光

10月21日@

太陽光パネル設置の様子です。
屋根に墨出しをしてありますね。

10月18日C

洗面脱衣室の床施工も終わりました。
清潔感のある白い床ですね。

床施工
床施工

10月18日B

1階の床施工が終わりました。
傷がつかないように養生をしておきます。

10月18日A

このボードを固定するのに釘を打つのですが、打つ間隔が決まっています。

物入れ
物入

10月18日@

藤野大工が物入にボードをはっています。

10月14日D

建具の枠がつきました。

建具枠
床材

10月14日C

1階床材の施工中です。
藤野大工が微調整をしながらはっていきます。

10月14日B

物入に化粧ボードがはられ、枠がつきました。

物入
石膏ボード

10月14日A

壁の石膏ボードが貼られています。

10月14日@

2階の居室に石膏ボードが貼られています。

石膏ボード
防火ダンパー

10月11日C

防火ダンパーが取り付けられました。

10月11日B

ニッチの下地が出来ました。

ニッチ
シール養生

10月11日A

防水屋さんがシーリングを打つ前の養生を
しています。

10月11日@

窓枠が取付けられました。

窓枠
スイッチBOX

10月8日D

スイッチBOXと電気配線が施工されました。

10月8日C

フローリング施工が始まっています。
一枚一枚大工さんが微調整をしながら
床を張っていきます。

床施工
天井

10月8日B

天井に石膏ボードが貼られています。

10月8日A

外壁の施工が終り、防水工事の準備が
始まりました。

シール充填前
ルフロ

10月8日@

写真は24時間換気のホースです。

10月7日C

天井の石膏ボードが全てはりおえました。
天井が出来るとまた雰囲気が変わりますね。

天井石膏ボード
外観

10月7日B

今日はお施主様もお見えになりました。

10月7日A

天井に石膏ボードがはられていきます。

天井下地
外観

10月7日@

T様邸外観です。
外壁施工も終盤に入りました。

10月4日C

材料はきまった大きさで現場に搬入される為、職人さんがその場でカットしながら施工してゆきます。

外壁
外観

10月4日B

外では外壁施工の続きが行われています。
張り分の上部分も出来てきました。

10月4日A

棟梁藤野大工が天井に垂木を留めています。

天井下地
天井

10月4日@

1階の天井下地はそろそろ完成しそうです。

10月1日D

外壁面に沿って石膏ボードが貼られています。

施工ボード
ニッチ下地

10月1日C

ニッチの下地が出来ました。

10月1日B

天井下地が出来ました。

天井下地
下地

10月1日A

内部では壁を造る柱が入れられ、
壁下地が入りました。

10月1日@

T様邸外壁施工が始まりました。
張り分の下部分が出来てきました。
完成が楽しみです。

外観
下がり壁

9月22日D

部屋の入り口の下がり壁が
出来ました。

9月22日C

軒天ボードがはられました。
軒下換気口も取り付けてありますね。

軒下換気口
外観

9月22日B

軒天の施工が終わりました。

9月22日A

お施主様の選んだ外壁が搬入されました。
どんな外壁か楽しみですね。

外壁
外観

9月22日@

これから外壁施工が始まります。

9月14日F

24時間換気ルフロの部材や窓枠が届きました。

建材
壁

9月14日E

壁施工が始まりました。
俳水管や給水ホースなどの配管が
されています。

9月14日D

お風呂の設置が終わりました。
扉は折れ戸タイプです。

お風呂
窓枠

9月14日C

雲行きが怪しくなってきました。
雨対策の準備中です。

9月14日B

軒天ボードがはられて、軒裏換気口用の
開口部が施工されました。

軒天ボード
外観

9月14日A

軒天の下地を施工しています。

9月14日@

青梅市T様邸です。
外壁施工前に軒天の施工をしています。

外観
スリーブ

8月27日C

壁にスリーブをつけるときは隙間をなくす『ドームパッキン』というパッキン材をパイプの廻りに取り付けています。

8月27日B

これから作業が進むまで、仮筋交いをいれておきます。

仮筋交い
床

8月27日A

床材が届きました。
無垢材とTK基本の床材を使用します。

8月27日@

発表会では暑い中、たくさんのお客様が遊びにきてくださいました。ありがとうございます。
青梅市T様邸外観です。

外観
発表会

8月4日F

OB様で小林大工のお孫さんズも遊びに来て下さいました♪

8月4日E

構造なのに涼しくてついついまったりしちゃいますとおっしゃるお客様がいました。嬉しいですね。

発表会
発表会

8月4日D

今日も朝からたくさんのお客様お見えになってくださっています。

8月4日C

朝からご近所のOB様が遊びに来て下さいました。つづいてOB様が構造を初めて見るお父様と一緒にいらっしゃいました。

発表会
発表会

8月4日B

今日はどのくらいのお客様がお見えになるのでしょうか。

8月4日A

完成から構造への見学コースオススメですよ。

発表会
発表会

8月4日@

発表会2日目です。

8月3日E

明日もスタッフ一同お待ちしています。

発表会
発表会

8月3日D

TK名物!?発表会にOB様の姿!社長をはじめスタッフと楽しく談笑しています。

8月3日C

今日はこのコースで見えられたお客様がいらっしゃいました。

発表会
発表会

8月3日B

オススメは完成を見てから構造へ見に行かれるコースです。

8月3日A

今回は完成現場と構造現場二ヶ所同時です。

発表会
発表会

8月3日@

本日T様邸構造発表会1日目です。

7月26日B

この中を配線が通っていきます。

太陽光発電
太陽光発電

7月26日A

オレンジ色のCD管を壁が出来る前に通しておきます。

7月26日@

今日は太陽光発電システムの先行配管作業が行われています。

太陽光発電

7月23日B

基礎断熱材が見えていますね。ここはお風呂です。ユニットバスが設置される前に壁面に石膏ボードをはっておきます。

7月23日A

ガラスはTK標準仕様のミルキーガラスです。

外観
石膏ボード

7月23日@

壁面に石膏ボードをはっていきます。

7月22日E

玄関ドアとサッシが取り付けられると雨風が入ることがなくなるので一安心ですね。

サッシ
シャッター

7月22日D

サッシの取り付けが終わったあとにシャッターの取付けをおこないます。

7月22日C

外壁施工前にひさしを取り付けます。

ひさし
勝手口ドア

7月22日B

勝手口のドアです。

7月22日A

続いて各部屋のサッシが取り付けられました。

サッシ
玄関ドア

7月22日@

玄関ドアが取り付けられました。

7月20日C

手前に見えるでっばりは雪止め金具です。

金具
ルフロ

7月20日B

屋根瓦が取り付けられました。
T様邸は東芝製の太陽光を設置するので屋根瓦はコロニアルクアッドを使用します。

7月20日A

外壁面のTKパネルが加工できない場所には断熱材フェノバボードをカットして施工していきます。

フェノバ
外観

7月20日@

屋根瓦を運ぶはしごが設置されています。

7月19日B

その上に細かなガラス繊維で出来たシートを敷き、専用の溶剤を何層にも塗り重ねて防水します。

バルコニー
バルコニー

7月19日A

バルコニーにFRP防水の溶剤が塗布されました。

7月19日@

構造見学会で見ることのできる金物の一つです。横架材の連結部などの補強に用いられる短冊形の金物なんですよ。

金物
あおり止め

7月18日F

強風による吹き上げ力から屋根を守る金具です。

7月18日E

気密シートと垂木をとめているのは【あおり止め金具】です。

あおり止め金具
羽子板ボルト

7月18日D

ここにも金物が使われていますね。
これは羽子板ボルトです。

7月18日C

バルコニーの腰壁ができました。

バルコニー
軒裏換気口

7月18日B

バルコニーに耐火野地板が施工されました。

7月18日A

パネル加工が出来ないサイズは加工できる断熱材フェノバボードを施工します。

フェノバボード
バルコニー

7月18日@

構造発表会ではお家に使われる様々な金物を見ることができます。
筋交い金物の【リベロU】です。

7月16日D

これから大工さんが腰壁を施工していきます。

バルコニー
バルコニー

7月16日C

バルコニーの施工中です。

7月16日B

ここにも見えていますね、このシートは気密シートです。
厚みがあり、丈夫なシートでちょっとのことじゃ破れません。

幕板
屋根施工

7月16日A

フェルトにアスファルトを浸透させ、表面に 粘着防止のために粉末にした雲母や粘土などを塗布した、防水層を作るためのシートです。

7月16日@

屋根施工続きです。
緑色の防水シートは【アスファルトルーフィング】です。

屋根施工
天井

7月15日D

とりの足のようなこちらは、【火打ち梁】です。
地震などで建物が変形したり歪んだりを防ぐ部材です。

7月15日C

バルコニーの施工に入りました。

バルコニー
内部

7月15日B

筋交いがきちんと入るまで、建物が歪んでしまわないように仮筋交いが入っています。

7月15日A

玄関横にTKパネルを施工しています。

外観
外観

7月15日@

青梅市T様邸外観です。

7月13日F

サッシと屋根瓦が付くまではブルーシートで
養生します。

外観
屋根施工

7月13日E

最後に野地板を張って完了です。

7月13日D

フェノバボード二枚重ねてはってあるのがわかりますね。暑くない屋根の秘密の一つです。

屋根施工
屋根施工

7月13日C

もちろんこちらの棟にも発砲ウレタンをきっちり
充填します。

7月13日B

緑色のシートは気密シートです。
厚みがあり、丈夫なシートでちょっとのことじゃ破れません。

屋根施工
屋根施工

7月13日A

その上に野地板をはります。

7月13日@

屋根施工続きです。
垂木をとめていきます。

屋根施工
内部

7月12日F

続いて玄関側の屋根施工に入ります。

7月12日E

TKパネルが全て入りました。
大きな開口部にはサッシが入ります。

屋根施工
屋根施工

7月12日D

最後に野地板をはり、屋根断熱施工は完了です。

7月12日C

横から見るとちゃんと二重屋根断熱になっていますね。

屋根施工
屋根施工

7月12日B

棟の隙間には発砲ウレタンをきっちり充填します。

7月12日A

もう一枚フェノバボードをはり、その上に垂木をとめていきます。

屋根施工
屋根施工

7月12日@

屋根施工中です。
屋根の上をスイスイ歩く藤野大工が見えます。野地板の上に気密シートを敷き、その上に一枚目の断熱材フェノバボードがはられています。

7月11日F

これから断熱施工が進むと構造でも涼しく感じてきます。
そんなT様邸は構造発表会の会場です。
8月3日(土)・4日(日)ですよ。

上棟
上棟

7月11日E

真っ白いTKパネルが涼しさを感じさせます。

7月11日D

青い空が気持ちいいですが、太陽に近い分暑さも厳しいです。
熱中症にならないよう水分と休憩を取りながら作業をすすめます。

上棟
上棟

7月11日C

垂木の上には野地板を施工していきます。

7月11日B

屋根の形が見えてきましたね。

上棟
上棟

7月11日A

棟まで組んだ梁に垂木を施工していきます。

7月11日@

本日T様邸2日目です。
今日から屋根施工に入ります。

上棟
上棟

7月10日E

基礎が見えていますが、ユニットバスが入る場所です。水色のボードは基礎断熱材です。

7月10日D

照りつける日差しと突然の雨対策にお家全体をブルーシートで覆っていきます。

上棟
上棟

7月10日C

建物が歪んでしまわないように、仮の筋交いを入れておきます。

7月10日B

たくさんのTKパネルが用意されています。

上棟
上棟

7月10日A

大工さん達の息のあった作業でどんどん作業は進みます。

7月10日@

本日はT様邸上棟です!
うだるような暑さですが、お天気でよかったです!

上棟
土台敷き

7月9日D

最後にブルーシートでしっかり養生すれば完了です。
明日の上棟は晴れるといいですね。

7月9日C

一階の床板を施工して、養生シートを貼れば土台完了です。

土台敷き
土台敷き

7月9日B

鋼製床束【YTB束】見た目は華奢ですが、最大圧縮荷重28.99KN(測定値)の優れものです。

7月9日A

藤野大工が基礎と土台を繋いでいます。

土台敷き
土台敷き

7月9日@

厳しい暑さが続きますが、頑張りましょう!
本日土台敷き2日目です。

7月8日C

TKの家では基礎にもきっちり断熱をします。

土台敷き
土台敷き

7月8日B

立上り部分にみえるブルーの建材は、基礎断熱材「スタイロエースU」です。

7月8日A

プレカットされた土台を図面どおりに敷いてゆきます。
微調整はもちろん大工さんが現場でおこないます。

土台敷き
土台敷き

7月8日@

上棟へ向けて本日よりT様邸土台敷きです。

7月2日B

基礎と土台を繋ぐアンカーボルトです。

屋根
内部

7月2日A

配筋のときに入れた筒を抜くと出来ている穴です。これをスリーブといいます。

7月2日@

玄関になる部分の基礎です。

基礎完了
基礎排水管 7月1日E

土台の下に隠れてしまう配管を先行して施工しておきます。
オレンジ色は湯水、青色は給水、灰色は排水管です。

7月1日D

犬走りもしっかり出来ました。

犬走り
基礎全景 7月1日C

突然大雨が降られたりと心配しましたが、
T様邸無事基礎完成です。

7月1日B

そして外周部の高さも確認します。

基礎出来形
基礎出来形 7月1日A

天端の幅も決まっているので、確認します。

7月1日@

立上り部分のコンクリートが固まりました。
スケールをあてて図面どおりの高さ、幅で
仕上がっているか確認します。
内側の高さ確認です。

基礎出来形
基礎工事つづき 6月21日A

次はいよいよ土台敷きへと施工は続きます。
雨が降らないといいのですが。

6月21日@

雨が入らないようにしっかり養生をし、コンクリートが固まるのを待ちます。

基礎工事つづき
基礎工事つづき 6月20日D

型枠の中へ流し入れたコンクリートにバイブレーターをさし、余分な空気を追い出して強度が落ちないようにします。

6月20日C

またまた生コン圧送車登場です!

基礎工事つづき
基礎工事つづき 6月20日B

コンクリートの圧力で型枠が広がらないように、
上下止め金具でしっかり固定します。コンクリートがきちんと固まったら金具は取り除かれます。この中にコンクリートを流し入れていきます。

6月20日A

基礎に出ているボルトは【アンカーボルト】です。
建物の柱や壁などには、地震や台風の際に水平や垂直方向に強い力が働きます。その結果、基礎と土台をつなぐアンカーボルトが大事な役割を持ちます。

基礎工事
土台 6月20日@

平場のコンクリートがしっかり固まったら今度は立上りと呼ばれる部分の型枠を組んでいきます。

6月18日C

流し入れられた生コンは職人さんがトングで平らにならしていきます。

基礎
基礎工事つづき 6月18日B

ミキサー車から流される生コンをどんどん流し入れていきます。

6月18日A

生コン圧送車登場です。

基礎工事つづき
基礎工事つづき 6月18日@

長く続いた雨のせいで延期されていた基礎工事の続きがようやく始まりました。
そして検査をパスした配筋の上にコンクリートを流していきます。空気が入らないようバイブレーターを使います。

6月14日C

基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で入れます。

基礎工事
土台

6月14日B

キソ止水プレートです。

6月14日A

配筋検査も無事OKもらえましたよ!

土台
土台

6月14日@

地鎮祭でお祈りしてもらった鎮め物もしっかり入れてあります。

6月11日F

鉄筋工事完了しました!全景です。
この後は専門の検査員さんによる配筋検査を受け、合格したら基礎工事のつづきです。

基礎工事続き
基礎工事つづき

6月11日E

立上り部分の重ね継手を確認します。

6月11日D

一番外側の立上り部分です。

基礎工事つづき
基礎工事

6月11日C

続いて【重ね継手-かさねつぎて-】鉄筋と鉄筋を繋ぎ合わせている部分です。

6月11日B

鉄筋が図面どおりに組まれているか確認します。まずは横組から。

配筋
基礎工事

6月11日A

鉄筋にくっついてる丸いものは【スペーサー】といいます。
組み立てた鉄筋の位置や間隔が狂うと、建物の構造の強度や耐久性に影響を与えてしまいます。 なのでこの部品を使って正しい位置や間隔を確保しておきます。

6月11日@

捨てコンの上に墨出し作業を行います。
墨に沿って建物の外周部に上下止め金具などを打ち、型枠を組み上げ、木杭などを使い固定します。

基礎工事つづき
基礎工事

6月8日B

捨てコンが固まると捨てコンの上に墨出し作業を行います。

6月8日A

外周部には捨てコンを打っておきます。

出来形
基礎工事

6月8日@

白いシートは防湿シートです。
地面からの湿気が基礎に上がってこない為のシートです。

6月7日B

職人さんがならしていきます。

基礎工事つづき
基礎工事

6月7日A

緑色の線は丁張りで計測した場所を記しています。

6月7日@

基礎工事2日目です。
重機で掘削し、砕石を入れてゆきます。

基礎工事
基礎工事

6月6日B

スケールをあてて地面からの高さを確認します。

6月6日A

“丁張り”または“遣り方”という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板で印をするものです。

基礎工事
基礎工事

6月6日@

いよいよ本日より着工です。

5月29日N

最後にみんなでお神酒をいただき、無事地鎮祭完了です。

地鎮祭
地鎮祭

5月29日M

担当棟梁藤野大工も納めます。

5月29日L

参列させていただいてる社長も納めます。

地鎮祭
地鎮祭

5月29日K

つづいて奥様も納めます。

5月29日J

お施主様より玉串を受け取り神前に進みます。

地鎮祭
地鎮祭

5月29日I

このあと、神職が鎮め物(しずめもの)を納めます。

5月29日H

土地の四隅にお酒、塩、お米をまいて清めます。

地鎮祭
地鎮祭

5月29日G

【四方払い】です。

5月29日F

【鍬入れ】です。
施工社代表で棟梁藤野大工が入れていきます。

地鎮祭
地鎮祭

5月29日E

その後神職さんが工事を行う土地を清めます。

5月29日D

まずは祭壇、土地、参列者をお浄めします。

地鎮祭
地鎮祭

5月29日C

神主さんはお施主様が氏神様にお願いすることも、TKでご用意させていただくこともあります。

5月29日B

お施主様、お施主様のご家族、施工者みんなで工事の無事を祈り、土地の神様にお願いをします。

地盤調査
地盤調査

5月29日A

祭壇には酒・水・米・塩・野菜・魚など神様へのお供え物をならべます。

5月29日@

生憎のお天気ですが、本日は地鎮祭です。
テントを張って準備中です。

地鎮祭
地番調査

5月28日C

計測箇所は全部で5ヶ所。お施主様も真剣な眼差しで調査の行方を見守ります。

5月28日B

今回は機械での試験ですね。
先端がドリル式になっている棒に重りをのせて、地面に刺し一定の深さまで入るのに費やした回転数を記録していきます。

地番調査
地番調査

5月28日A

“スウェーデン式サウディング試験”といいます。

5月28日@

青梅市T様邸地盤調査です。

地盤調査
地鎮祭

5月23日A

地面を平らに整地したら解体工事完了です。

5月23日@

解体終了後、廃材が地中に残ったりしていないか、その下にコンクリートが入っていないか、確認します。

解体作業
解体作業

5月21日B

基礎を掘り起こし撤去もあと少しです。

5月21日A

業者さんが手作業で分別をしています。

解体作業
解体作業

5月21日@

続いて基礎を掘り起こし撤去していきます

5月18日A

大きな廃材は重機で撤去、そのほかは手作業で撤去していきます。

解体作業
解体作業

5月18日@

壁、屋根、梁、柱などの大きな解体撤去が終わりました。

5月16日A

2階半分の解体が終わりました。
作業はどんどん進みます。

解体作業
解体作業

5月16日@

手際よく作業が進みます。

5月14日A

廃材を入れるトラックも到着しました。

解体作業
解体作業

5月14日@

建替えの解体はちょっとセンチメンタルになりますね。

5月13日A

重機で次々に解体していきますよ。

解体作業
解体作業

2013年5月13日@

青梅市T様邸リポート開始です。
解体工事から始まります。
防音・防塵シートで囲いいざ作業開始です。

 

1

__市

_様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30