安心の家造り。施工現場をリポートします。│青梅市H様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
青梅市KC様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇青梅市H 様邸◇

エルサーマット

3月21日G

蓄熱式暖房機エルサーマットです。
部屋全体を暖めてくれます。

3月21日F

主寝室となる洋室です。高さの違うすべり出し窓がアクセントになっていますね。

洋室
2階トイレ

3月21日E

2階トイレです。
便器は1階と同じ仕様で色違いです。
壁紙が違うだけでこんなに雰囲気が変わりますね。

3月21日D

1階トイレです。
便器は基本仕様TOTO一体型ZJです。

1階トイレ
洗面化粧台

3月21日C

洗面化粧台が設置されました。
基本仕様より大きなW900タイプです。

3月21日B

飾り棚と下部の本棚にはパイン材を使用しています。

クロス巻き込みニッチ
LDK

3月21日A

照明器具の取り付け完了しました。
ダウンライトが雰囲気を出していますね。

3月21日@

いよいよ竣工です。

外観
スカイプロムナード

3月18日B

金属屋根スカイプロムナードの養生が外されました。

3月18日A

階段下の有効スペースを使って造作カウンターを造りました。

造作カウンター
LDK

3月18日@

LDKもクロスが貼られました。扉がアクセントになっていて素敵です♪

3月10日D

設備の機器も次々と届きます。
こちらは洗面化粧台です。

洗面化粧台
基本ニッチ

3月10日C

玄関のクロスがはられました。

3月10日B

パテは石膏ボードの継ぎ目や釘頭などの凹凸をなくすために下地として塗ります。

LDK
クロス工事

3月10日A

職人さんが下地パテが乾いたところからクロスを貼っていきます。

3月10日@

今日から内装仕上げ工事が始まります。

クロス工事
基本ニッチ

2月10日D

小屋裏収納にスイッチBOXがつき配線がされています。

2月10日C

換気扇の同時給俳スリーブです。外側にはベアーキャップと言われるカバーがついています。

クロス巻き込みニッチ
DS

2月10日B

床下収納庫が入る開口部です。床下への点検口としても使用します。

2月10日A

1階のフロアーが貼られていきます。傷がつかないようにこの上にこれから養生をしてゆきます。

キッチン
窓枠

2月10日@

天井下地が出来てきていますね。石膏ボードをはる前に電気配線を終えてゆきます。

2月7日D

徐々に建材も届き始めました。こちらは床下収納庫です。上の蓋は気密タイプで枠に合わせてフロアを入れてゆきます。

窓枠
窓枠

2月7日C

下がり壁がつくられています。天井に通る灰色の線は電気配線です。

2月7日B

先日の雪が少し残っている屋上です。

シーリング
外観

2月7日A

内部では引き続き天井下地や壁下地の施工を行っています。

2月7日@

外の施工が全て終わったので、足場が外されました!!素敵な外観ですね。

外観
内部造作

2月4日D

外壁面から石膏ボードがはられていきます。

2月4日C

床材が届きました!フロアーが貼られるとまた違ってきますよ。

床材
窓枠

2月4日B

専用の固定金具でしっかりとめられています。隙間にはウレタンを充填していきます。

2月4日A

内部では窓枠が取り付けられました。

窓枠
外観

2月4日@

今日は雨樋の取り付け作業です。

1月18日C

木材が見えている部分には幕板を取り付けていきます。

外観
外観

1月18日B

外壁施工もそろそろ終盤です。
外壁施工の次は塗装や防水などの

1月18日A

出隅部分はこの様になります。

外観
外観

1月18日@

外壁施工がすすみました。
鮮やかな色の外壁が素敵です。

1月15日D

外壁は現場で職人さんが建物にあわせたサイズへカットし取り付けていきます。

外観
外観

1月15日C

外壁材に銀色をした小さい金物を釘で固定して、 その金具にサイディングを引っ掛けて張ります。サイディングには釘は打ちません。「通気金具工法」といいます。

1月15日B

ここは出隅用のサイディングが取り付けられます。

外観
外観

1月15日A

所々取り付けられている木材は通気金具を設置する銅縁です。

1月15日@

外壁施工が始まりました。
白い部分が『土台水切』です。その上にスタート金具を取り付けます。

外観
発表会

1月12日F

今回の現場の見所は屋上ですよ!きてくださったお客様達は気持ちよさに笑顔になります。

1月12日E

気になること疑問などはスタッフまでお気軽に。

発表会
発表会

1月12日D

構造見学会なので柱や壁の中、構造用金物、配管など隠れてしまう部分がしっかりと見られます。

1月12日C

今までお家を建ててくださったのTKファミリー
全員集合です!!

発表会
発表会

1月12日B

こちらは【すまいの給付金】についての展示です。

1月12日A

構造って何を見たらいいの??そんな時にはスタッフにお声かけてください。丁寧に説明させていただきます。

発表会
発表会

1月12日@

本日発表会2日目です。今日もお天気がよくてよかったです。

1月11日K

明日もにぎやかな見学会になると思いますので、社長をはじめ、広告掲載のスタッフにも会いにきてください!お待ちしています。

発表会
発表会

1月11日J

気持ちのいい青空です。社長の顔シートと現場見学会のシート、旗を目印にしてください。
場所がわからなければお気軽にお電話ください。

1月11日I

ご近所のOB様は太陽光のご相談に見えられました。

発表会
発表会

1月11日H

こちらはキッズコーナー。
お子様も楽しくまっていられます。

1月11日G

こちらではご新規様が折込み広告を見学にきてくださいました。

発表会
発表会

1月11日F

打合せのときは小さかったお子さんもこんなに大きくなりました!
お引渡しから何年経っても会えるのはいいですね。

1月11日E

金属防水屋根の屋上から暖かな太陽が・・・
とっても気持ちがよいのでぜひ体感して欲しいです。

発表会
発表会

1月11日D

午後1時 LIXIL講師の先生による
【すまいの給付金】のお話です。
12日も午後1時より開催します。興味ある方はぜひご参加ください。

1月11日C

わいわいがやがやにぎやかになってきました。

発表会
発表会

1月11日B

午後になるとどんどんOB様が遊びにきて
くださいました。

1月11日A

本日1組目ご近所の職人さん。

発表会
発表会

2014年1月11日@

本日H様邸構造発表会1日目です。
お客様たくさんきてくださると嬉しいですね。

11月30日A

壁の間にはニッチが造られる予定です。
その下地もみえますね。

天井
天井

11月30日@

天井下地施工がすすんでいます。

11月29日C

居室の間の壁もできてきているのが見えますね。

天井
天井

11月29日B

そして天井下地を組んでいきます。

11月29日A

その上に緑色の気密シートをはっていきます。

天井
天井

11月29日@

屋上の下です。断熱材フェノバボードを入れてゆきます。

11月23日B

設置後は汚れないよう養生をしておきます。
浴槽の中に入っているのは断熱組フタです。

ユニット完成
ユニット完成

11月23日A

H様邸のユニットバス設置完了です。

11月23日@

基礎が見えていた場所にお風呂が入るとまた雰囲気が変わりますね。

ユニット完成
扉

11月22日D

お風呂の組立設置は専門の業者さんが施工するのですが、とにかくすばやい!
流れるようにお風呂が出来ていきますよ。

11月22日C

壁パネルです。
お風呂に窓がある場合は、現場で加工して
取り付けられます。

壁パネル
ユニットバス施工

11月22日B

床の防水処理をしているところです。

11月22日A

ユニットバスの施工は専用架台を組んだ後
床、浴槽、壁、天井の順に組んでいきます。

ユニットバス施工
外観

11月22日@

青梅市H様邸です。
透湿シートがはり終え、今日はユニットバス
施工です。

11月15日A

瑕疵保証の金物検査です。
専門の検査員さんがやってきて検査します。

検査
ユニットバス

11月15日@

外壁廻りに石膏ボードがはられました。

11月13日G

灰色の線や黒い線はアンテナ線などの
電気配線です。

電気配線
間柱

11月13日F

1階の間柱も出来ました。
作業は順調に進んでいます。

11月13日E

基礎断熱材スタイロエースが見えていますが、ここにはユニットバスが設置されます。

ユニットバス設置前
間柱

11月13日D

2階の間柱と下がり壁が出来てきました。

11月13日C

TKパネルが作成できないサイズの断熱は
加工のしやすいフェノバボードを施工します。

こんな隙間にも
透湿シート

11月13日B

外壁屋さんが透湿防水シートをはっています。このシートは水は通さないので、万が一外壁の内側に雨水等が侵入したとしてもこのシートの手前で下へ流れ落ち中には入らないんです。さらに湿気は通す性質を持っています。

11月13日A

軽くて丈夫なY-15です。

雪止め金具
外観

11月13日@

青梅市H様邸外観です。
屋根施工中です。手前に見えるはしごは、
屋根材を運ぶものです。

11月11日H

本体設置完了です。

屋上屋根
屋上屋根

11月11日G

続いて本体の取付けをします。

11月11日F

木下地に墨だしをします。

金属防水

11月11日E

養生をしていてみられないのですが、金属防水屋根スカイプロムナードを使用しています。

11月11日D

ここまで出来れば一安心、お引渡し前に仕上げ材を塗布します。

FRP防水
バルコニー防水工事

11月11日C

バルコニーでは防水工事がされています。
白く見えるのはガラスの繊維で出来たシートです。専用の溶剤を職人さんが手作業で塗っていきます。この溶剤においがスゴイです。(;A;)

11月11日B

気密シートと垂木をとめているのは
【あおり止め金具】です。強風による
吹き上げ力から屋根を守ります。

あおり止め
通風ドア

11月11日A

屋上への出入り口となる通風ドアが
取り付けられました。

11月11日@

一歩ずつ着々と進んでいますよ。
H様邸外観です。

外観
配管

11月8日B

トイレの配管がつきました。

11月8日A

給水配管と排水管が設置されました。

軒
外観

11月8日@

サッシがつくと開口部だけの時より雰囲気が
変わりますよね。

11月5日G

構造金物のひとつ筋交い金物リベロUです。
柱と筋交いを強固に繋ぐ金物です。

リベロU
屋根下地

11月5日F

その名も『カッパ』よく見ると河童さんの絵がついているんですよ(・∀・)/

11月5日E

屋根にはアスファルトルーフィングと呼ばれる防水シートがはられています。

屋根施工
バルコニー

11月5日D

2階のバルコニーが出来ました。
次は防水屋さんが施工に入ります。

11月5日C

この部分に設置します。パネルはオーダー品の為開口部は図面の寸法どおりにあけられています。

開口部
サッシ

11月5日B

ど〜ん!サッシの枠がおいてありますね。
窓ガラスは現場で組立ますよ。

11月5日A

今日は設備屋さんが配管の下準備をしています。手前では社長が間柱を施工しています。

間柱
外観

11月5日@

青空のなか社長シートが見えていますね。
青梅市H様邸です。

11月3日C

梁の一本一本や火打ち梁が金物で固定されているのがわかります。

ひうち梁
屋上 11月3日B

広い屋上が広がっています。
そして屋根の気密シートが見えていますね。

11月3日A

仮設の階段を上がるとそこには・・・

階段
サッシ 11月3日@

今日はサッシが入りました!

11月1日G

黒いテープは柱とパネルの間に入れて機密性を高めるものです。

屋上階段
階段入口 11月1日F

ここは屋上へ出られる階段がつきます。

11月1日E

TKパネルには防蟻、防腐の薬剤が染込ませてありますので安心。

TKパネル
屋根施工 11月1日D

こんな高いところで大工さん達は軒の作業中です。事故がないように集中して作業中します。

11月1日C

内部では仮筋交いを外して、筋交いを入れています。最後に筋交い用金物も取り付けします。

筋交い
屋根施工 11月1日B

最後に垂木を固定し、野地板を張ったら
屋根施工は完成です。

11月1日A

気密シートの上にフェノバボード二枚重ねて
施工します。この二重屋根断熱が暑くならない秘密です。

屋根施工
屋根施工 11月1日@

無事上棟しましたH様邸です。
今日から屋根施工に入ります。

10月31日E

2階のパネルが入りました。
だんだんできてきましたね!

上棟
上棟 10月31日D

化粧梁には汚してしまわないように養生がしてあります。

10月31日C

真っ白なTKパネルがキレイですね!

上棟
上棟 10月31日B

お昼ご飯をお施主様より差し入れしていただき午後も頑張ります!
クレーン車でパネルや柱を上げていきます。

10月31日A

1階にTKパネルが入りました♪
大工さんの連係プレーによってどんどん作業が進んでいきます。

上棟
上棟 10月31日@

本日H様邸上棟です。
お天気がよくてよかったです♪

10月30日F

1階床の構造用合板を張り、養生をしたら土台敷きは完了です。

土台敷き
土台敷き

10月30日E

束をコンクリート用ボンドでしっかり固定します。

10月30日D

おなじみ給水ヘッダーです。お水を各場所に
分配していきます。

土台敷き
土台敷き

10月30日C

排水管は灰色、水色は給水用、オレンジは
湯水用の配管です。

10月30日B

鋼製床束【YTB束】見た目は華奢ですが、
最大圧縮荷重28.99KN(測定値)の優れものなのです。

土台敷き
土台敷き

10月30日A

土台を支える束を設置しています。

10月30日@

昨日から作業をしている土台敷き。本日2日目です。気持ちのいい青空ですね。

土台敷き
基礎工事

9月10日C

基礎工事が全て完了しました。
出来上がりがキレイですね。

9月10日B

こんどは天端の幅を確認します。

基礎工事
基礎工事

9月10日A

内部の高さも図面どおりですね。

9月10日@

図面どおりに基礎が出来ているか
スケールをあてて確認します。

基礎工事
基礎工事つづき

8月30日C

立上りにコンクリートが流し入れられました。

8月30日B

コンクリートの圧力で型枠が広がらないように、
上下止め金具でしっかり固定します。コンクリートがきちんと固まったら金具は取り除かれます。

基礎工事つづき
基礎工事つづき

8月30日A

アンカーボルトです。基礎と土台をつなぐ大事な役割を持ちます。

8月30日@

平場のコンクリートがしっかり固まったら今度は立上りと呼ばれる部分の型枠を組んでいきます。

基礎工事つづき
基礎工事

8月27日I

設備用の配管の他にスリーブという筒を入れておきます。これは後から管などを通す穴を確保しておく為です。

8月27日H

設備屋さんが配管を繋いでいます。

基礎工事
基礎工事

8月27日G

コンクリートが打設される前に先行配管という作業をします。

8月27日F

配筋検査は無事パスしました。

基礎工事つづき
基礎工事

8月27日E

キソ止水プレートが取り付けられました。
基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で入れます。

8月27日D

内部の立上り部分を計測します。

基礎工事つづき
基礎工事つづき

8月27日C

外周部の立上り部分を確認します。

8月27日B

【重ね継手-かさねつぎて-】鉄筋と鉄筋を繋ぎ合わせている部分です。

地鎮祭
地鎮祭

8月27日A

今日は配筋検査です。
鉄筋が図面どおりに組まれているか確認します。

8月27日@

地鎮祭でお祈りしてもらった鎮物もきちんと納めてあります。

鎮物
基礎工事つづき

8月24日A

型枠にははく離材を塗ってあり、固まったコンクリートが型枠からきれいに剥がれるようになっています。

8月24日@

外周部に型枠を設置し、内部では配筋施工がすすんでいます。

基礎工事つづき
基礎工事つづき

8月23日C

土からの湿気を防ぐ防湿シートをはります。

8月23日B

砕石と転圧完了しました。

転圧完了
転圧作業

8月23日A

その後プレート転圧で砕石に振動を与えながら隙間を埋め締め固めます。

8月23日@

砕石をした後は基礎が沈まないよう十分にランマー転圧を行い必要な地耐力を出します。

転圧作業
掘削

8月21日A

掘削して出た土は専門の処理場へ運びます。

8月21日@

印にそって重機で掘削してゆきます。

掘削
着工

8月20日B

スケールをあてて地面からの高さを確認します設計GL600はきちんと守れていますよ。

8月20日A

さていよいよ作業開始です。
“丁張り”または“遣り方”という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板や糸で印をするものです。

着工
着工

8月20日@

地鎮祭も無事に完了し、今日からH様邸着工です。今回のベンチマーク(BM)はマンホールです。BMは敷地や建物の高さの基準レベル点を指すもので、施工時の基準レベルにもなるので、工事中でも撤去しないで動かないものを用います

6月30日J

最後に施工店代表として社長が納めます。
無事に地鎮祭終了です。いただいた鎮め物とお札は着工時と上棟時にお家へ納めます。

地鎮祭
地鎮祭

6月30日I

続いて奥様にも納めていただきます。

6月30日H

【玉串奉奠】です。
玉串に自分の心をのせ、神にささげるという
意味がこめられています。

地鎮祭
地鎮祭

6月30日G

施工店を代表して社長も鍬入れをします。

6月30日F

つづいて奥様も大きな声で『ええ〜い!!』

地鎮祭
地鎮祭

6月30日E

【鍬入れ】お施主様が気持ちを込めて、
大きな声で『ええ〜い!!』

6月30日D

四隅を順番に回っていきます。

解体作業
解体作業

6月30日C

【四方払い】土地の四隅にお酒、塩、
お米をまいて清めます。

6月30日B

お施主様、お施主様のご家族、施工者みんなで工事の無事を祈り、土地の神様にお願いをします。

解体作業
解体作業

6月30日A

お施主様には装束を着ていただきます。

6月30日@

地盤調査も終り、今日は地鎮祭です。
祭壇には酒・水・米・塩・野菜・魚など神様へのお供え物がならべてありますね。

解体作業
解体作業

6月18日D

調査結果によっては改良が必要な場合も・・・
H様邸は問題なしでした!

6月18日C

先端がドリル式になっている棒に重りをのせて地面に刺し一定の深さまで入るのに費やした回転数を記録していきます。

解体作業
解体作業

6月18日B

敷地内の決まった場所を順番に測定していきます。

6月18日A

“スウェーデン式サウディング試験”といいます。

解体作業
解体作業

2013年6月18日@

青梅市H様邸リポート開始です。
今日は地盤調査です。

1

青梅市

KT様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30