安心の家造り。施工現場をリポートします。│八王子市S様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
__市_様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇八王子市S様邸◇

2017.6.25

6月25日【23】

メインイメージはブラックのシステムバス。パナソニック製『オフローラ:フラットラインLED照明』照明のカラー輝度を浴槽横のリモコンで操作可能になっています。

竣工
竣工

6月25日【22】

洗面化粧台と洗濯機置き場です。洗濯機置き場の上には固定棚を設置し、バスタオルなど小物を置けるようにしました。洗面化粧台はパナソニック製『新スタンダード フロートタイプ』。

6月25日【21】

洗面脱衣室への扉はアウトセットの引戸です。袖壁には可動棚を設置し小物などを置けるようにしました。引戸を開くと棚が隠れるようにもなっています。

竣工
竣工

6月25日【20】

2部屋とも同じ仕様となっていますが、イメージカラーを変えることで印象も変わりますね。濃紺を入れてさわやかだけど大人な空間。

6月25日【19】

サッシ巾に合わせたアクセントクロスです。またロールスクリーンも同じ巾で統一することですっきりした印象になります。イメージは『高級ホテルの一室』。

竣工
竣工

6月25日【18】

クローゼット扉。建具はウッドワン製『ソフトアートM-FT 巾6尺・高さ8尺タイプ』を使用。内部は布団を収納出来るように高さを上げた中段を取付けました。

6月25日【17】

2階は洋室2間。
ホールとカラーを変えてあります。 床材はウッドワン製『コンビットリアージュ木質柄、カラー:グレージュオーク』。

竣工
竣工

6月25日【16】

壁正面サッシ巾に合わせアクセントクロスを貼り分けています。引っ越し後TV,オーディオセットを置くためにコンセント位置やケーブル用の配管位置、照明など細かな打合せをして確定しました。

6月25日【15】

2階ホールからバルコニーへはLIXIL製『オープンウィンフォールディング』を採用。天井まで一番大きなサイズを取付け、開けたときの開放感がすばらしいです。

竣工
竣工

6月25日【14】

2階は居住スペースです。大工造作のスリット手摺りはオーダーカラーで塗装がしてあります。床材はウッドワン製『コンビットリアージュ木質柄、カラー:ホワイト色メープル柄(WH)』です。

6月25日【13】

LDKのFIX窓からはガレージが見えるようになっています。お気に入りの車をいつでも見ることが出来ます。また『カゼリアNスライド』を取付け出入りも可能となっています。車を傷つける事のないよう扉は引戸仕様です。

竣工
竣工

6月25日【12】

便器は同じくLIXIL製『ベ-シア手洗い無、カラー:オフホワイト』『手洗いカウンター:キャパシア』。床はキッチンと同様『テラゾー床タイル:黒』を使用し、イメージは『おしゃれ居酒屋のトイレ』です。

6月25日【11】

1階のトイレには男性用小便器も設置しています。LXIL製「壁掛け用センサー付:U-431R」。

竣工
竣工

6月25日【10】

試運転中の様子です。
『:MD80II(支給品)カラー:オーダー品』
(株)モキ製作所

6月25日【9】

薪ストーブの設置も完了です。
このあとLDKにはビリヤード台とジュークボックスもやってきます。

竣工
竣工

6月25日【8】

収納は色を揃えるためにパナソニック製のシステムキッチンの吊り戸棚を採用しました。ガス台やコールドテーブルなど本格的です。

6月25日【7】

お施主様のご希望は本格的な調理の出来る厨房でしたので、全て業務用で設置しました。

竣工
竣工

6月25日【6】

作った料理をここで食べていただくことを考えて高さなどを決めてあります。

6月25日【5】

対面式キッチンには広いカウンターを造作でつけました。手元を照らすダウンライトの配置などは細かな打合せをしました。

竣工
竣工

6月25日【4】

玄関を開けるとそこには非日常空間をイメージした内装になっています。

6月25日【3】

玄関ドア LIXIL『防火戸FG-E ジエスタ:C41型デザイン、カラー:エクリュアイボリー』です。

竣工
竣工

6月25日【2】

ガレージのシャッターです。
LIXIL『軽量シャッター プラテアU カラー:アイボリー』です。よく利用する片側をリモコン電動にしました。

6月25日【1】

S様邸完成です。外壁は旭トステム外装『アーバンストライプP:カラー:カーサブルーPとカーサホワイトP』2色を縦・横針方向を変えて施工しました。

竣工
玄関枠

12月14日【4】

スリット窓のサイズに合わせた貼り分けです。

12月14日【3】

トイレや洗面化粧台、照明器具などを取付けていきます。

玄関巾木
玄関巾木

12月14日【2】

クロス工事が終わったので、設備機器の取付が始まりました。

12月14日【1】

上吊りの引戸でアウトセットになっています。袖壁がなくても設置可能です。

床施工
玄関巾木

12月9日【5】

薪ストーブの耐火壁です。レンガや専用壁材などがありますが、今回は化粧ブロックを積みました。

12月9日【4】

下地処理をしっかりすれば段差のないクロスの仕上がりになります。

玄関巾木
スマートヴェナード

12月9日【3】

クロス工事の下地です。石膏ボードのつなぎ目やビス山などパテを塗って、平らにします。

12月9日【2】

雨樋のカラーは色々選べますが、サッシと同色になっています。

外観
石膏ボード

12月9日【1】

外側の工事は電気関係のみとなりました。

12月4日【6】

洋室のクローゼット内部は枕棚とパイプを設置しました。

石膏ボード
電気配線

12月4日【5】

クローゼット内部では枕棚とパイプを2段設置しました。

12月4日【4】

洗面脱衣室への扉は引戸になっており、可動棚の設置も終わりました。

石膏ボード
ルフロ

12月4日【3】

2階も壁ができ、洋室の扉が取付けられました。

12月4日【2】

階段の手すりも取付が完了しクロス工事の準備に入ります。

照明下地
ルフロ

12月4日【1】

収納扉やトイレドアなどが取付けられました。

12月2日【3】

同じく熱くなるので薪ストーブを設置する場所にはテラゾータイルを貼りました。

下地
ルフロ

12月2日【2】

キッチンの床材もCFシートやフローリング材ではなくテラゾータイルを使います。タイル屋さんが施工しています。

12月2日【1】

吊り戸棚が設置され、キッチンの設置前にクロス施工をしました。通常はシステムキッチンの取付が先ですが、今回は厨房扱いなのでクロス施工が先になります。

ニッチ
下地補強

12月1日【5】

クローゼットの天井に点検口を作っています。

12月1日【4】

大工造作のスリット手すりが出来ました。

壁・天井
発表会

12月1日【3】

キッチンの壁タイル施工中です。

12月1日【2】

階段下収納に枠がつきました。階段の下の収納では高さを確保しますが、階段の段が見えることがあります。

下地補強
天井下地

12月1日【1】

LDKの床施工が終わり、傷がつかないように養生をしています。

11月25日【3】

2階の収納に間仕切りが出来ました。

配管
石膏ボード

11月25日【2】

階段の施工が終わり2階へ楽に上がれるようになりました。

11月25日【1】

外回りの工事が終わり足場が解体されました。

発表会
軒裏換気口

11月23日【9】

道路側のサッシは防犯合わせガラスにしました。

11月23日【8】

引戸がつきLDKからガレージへガレージからLDKへ出入りが出来るようになっています。

バルコニー
バルコニー

11月23日【7】

足場があるうちに設置をしました。

11月23日【6】

外壁側から見るとこんな感じになります。

軒天
発表会

11月23日【5】

薪ストーブ用の煙突を室内側からみたところです。

11月23日【4】

暗くなりがちなLDKに天窓があるだけで明るくなりますよ。壁には石膏ボードが貼られました。

幕板
軒施工

11月23日【3】

キッチンのカウンター越しに撮影してみました。

11月23日【2】

換気扇取付前です。こちらにもダンパーがつきます。

内部施工
発表会2日目

11月23日【1】

防火ダンパーが見えています。火事になると自動で閉まります。役所の検査でも確認されるところです。

11月5日【9】

スイッチボックスが取付けられています。下にあるのでコンセント用ですね。

壁
打合せ

11月5日【8】

こんな風に天井に繋がっていて、汚れた空気を吸い上げます。

11月5日【7】

これが24時間換気ルフロの本体です。灰色のダクトは各部屋へ繋がっています。

ユニットバス
ユニットバス

11月5日【6】

2階の天井の石膏ボード貼りがそろそろ終わります。

11月5日【5】

小屋裏を除くと上棟札が納められています。

シャッター
電気配線

11月5日【4】

天井の開口部は24時間換気ルフロの本体を設置するためのものです。

11月5日【3】

白い外壁と黒いサッシでメリハリがありますよ。

スリーブ
外観

11月5日【2】

インターホンや外灯用の電気配線が外壁から出ています。

11月5日【1】

外壁施工が終わると塗装、雨樋、笠木物干し工事へ進みます。

外観
発表会

11月3日【8】

2階の洋室を仕切る壁が出来てきました。

11月3日【7】

壁から伸びているオレンジ色の管はCD管といいます。後から配線などを通すために入れておきます。

外観
フェノバボード

11月3日【6】

カウンター上部にダウンライトを設置するため、壁が二重になっています。

11月3日【5】

天井用の下地組が終わりました。

こんな隙間にも
あおり止め

11月3日【4】

換気専用の開口部と給気のためのスリーブが開けられています。灰色の線はスイッチやコンセント用の配線です。

11月3日【3】

LDKの壁に石膏ボードを貼っているところです。

雪止め金具
Y-15

11月3日【2】

ガレージ内部壁もサイディング仕上げになっています。

11月3日【1】

外壁の施工中です。

お札
バルコニー

10月22日【13】

キッチンのカウンターと吊り戸棚設置用の下がり壁が出来てきました。

10月22日【12】

ガレージに電動シャッターと手動シャッターが取付けられました。

バルコニー
断熱材

10月22日【11】

全部をふさぐ前に雨漏りなどしていないか確認しています。

10月22日【10】

ガレージの天井施工も進みました。軒天ボードの取付もあと少しです。

外観
断熱材

10月22日【9】

1階のトイレと手洗い用設備配管です。

10月22日【8】

ビルドインのエアコンです。天井を施工する前に本体を先行で設置します。

防水シート
開口部

10月22日【7】

天井や壁に設備配管がたくさん通っているのがわかりますね。

10月22日【6】

キッチンの水栓用配管が設置されました。

FPR防水
二重断熱 10月22日【5】

LDKの壁が出来てきました。

10月22日【4】

洗面とトイレを仕切る壁を作る途中です。

軒
屋根 10月22日【3】

床材が搬入されました。

10月22日【2】

枠を固定するための下がり壁が出来ました。

パルテノン
屋根下地 10月22日【1】

透湿シートが貼り終えました。

10月11日【7】

バルコニーへ出る窓は折れ戸タイプです。

サッシ
発砲ウレタン 10月11日【6】

ユニットバス廻りの壁を施工しているところです。

10月11日【5】

電気配線工事も進んでいます。

屋根断熱
屋根断熱 10月11日【4】

LDKの壁に石膏ボードを貼っています。

10月11日【3】

ガレージの天井下地の施工中です。

上棟
上棟 10月11日【2】

透湿防水シートとは、水は通さず湿気(水蒸気)を透すシートのことです。外壁仕上げの中まで侵入してしまった雨水をブロックし、柱などの木材が腐るのを防ぎ、室内で発生した湿気が外へ逃げられるようにし内部結露が起こるのを防ぐ為のシートです。

10月11日【1】

「透湿防水シート(とうしつぼうすいシート)」を外壁施工前に貼っていきます。

クロス工事
上棟 10月7日【14】

外壁面では垂木と壁をあおり止め金具で固定します。

10月7日【13】

外壁面でTKパネルが作成出来ない場所は加工の出来る断熱材ネオマフォームを入れます。

上棟
上棟 10月7日【12】

これから壁や天井を作っていきます。

10月7日【11】

洗濯機用の配管も設置済です。金具は器具付けの時になります。

上棟
上棟 10月7日【10】

洗面化粧台用の設備配管です。赤いラインは下地板の取付場所です。

10月7日【9】

筋交い金物リベロUです。柱と筋交いをしっかり固定する金物です。ビスの数や位置などが決まっているんですよ。

上棟
上棟 10月7日【8】

薪ストーブ煙突用のスリーブが壁に空けられ、ドームパッキンと気密テープで固定されています。

10月7日【7】

LDKに天窓スカイシアターが取付けられました。たくさんの光が入って明るくなります。

上棟
上棟 10月7日【6】

幹線の引き込みをしています。

10月7日【5】

ユニットバスの下部です。二階設置の場合は架台に乗せて施工します。

階段
スイッチBOX 10月7日【4】

天井に断熱材を入れて、気密シートをはります。

10月7日【3】

ガレージも筋交いがあります。

バルコニー
木工事 10月7日【2】

壁に筋交いが入りました。

10月7日【1】

無事上棟完了しました。これからサッシや玄関ドアなどの取付る為下地をしていきます。

外観
開口部

9月23日【4】

FIX窓が取り付けられました。開口部は引き戸がつきます。

9月23日【3】

天窓が取り付けられる前の開口です。雨などが入ってしまわないように養生してあります。

内部
屋根断熱

9月23日【2】

トイレ用の給水・給湯・排水管です。

9月23日【1】

TKパネルが全て入りました。工場でオーダーメイドされてきたパネルですよ。

TKパネル
屋根断熱

9月9日【12】

おなかもいっぱいで午後も頑張ります!2階部分の作業開始です。

9月9日【11】

お施主様が昼食をご用意してくださいました。

ありがとうございます。

屋根断熱
屋根断熱

9月9日【10】

さらにエーステン金物で固定します。

9月9日【9】

Pロックが固定完了です。

上棟
上棟

9月9日【8】

柱が入ったらピンを打ち込んでいくのですが、穴同士が重ならないとピンが入っていかないのです。

9月9日【7】

地震などで柱が抜けてしまわないようにするための金物です。

上棟
上棟

9月9日【6】

穴同士が重なるようにまっすぐ入れます。

9月9日【5】

土台から出たPロックを柱に打ち込んでいきます。

上棟
上棟

9月9日【4】

2階の柱や束が乗ったトラック。

9月9日【3】

こちらはTKパネル。

上棟
上棟

9月9日【2】

資材が次々と運ばれてきます。

9月9日【1】

S様邸上棟です。まだまだ残暑厳しいですが、頑張っていきましょう!

上棟
土台敷き

9月7日【6】

これは基礎と土台と柱を結ぶものです。しっかり設置されました。

9月7日【5】

Pロック用の台座を取り付けます。

土台敷き
土台敷き

9月7日【4】

基礎工事のときに入れたアンカーが見えていますね。

9月7日【3】

気密パッキンの上に土台の木材を固定していきます。

土台敷き
土台敷き

9月7日【2】

基礎の上に気密パッキンを敷きます。

9月7日【1】

コンクリートがしっかり固まったので型枠を外しました。今日は土台敷きです。

土台敷き
基礎工事

8月19日【5】

バイブレータを入れて空気を抜きながらコンクリートを流していきます。空気が一定以上含まれていると強度に支障が出る為この作業はとても大事です。

8月19日【4】

生コン車がやってきました。

基礎工事
基礎工事

8月19日【3】

まだ墨出しの糸が見えていますね。型枠同士を止めているのは上下止め金具です。コンクリートの圧力で開かないようにします。

8月19日【2】

丸が基礎と土台を繋ぐ『アンカー』を設置します。アンカーの位置は図面に記載されているんですよ。そして黄色丸は上下とめ金具です。コンクリートの圧力で型枠が外れてしまわないように取り付けます。

基礎工事
基礎工事

8月19日【1】

平場が固まったことを確認したら、今度は立上り部分の打設準備をします。

8月5日【3】

耐圧部分の打設が完了しました。

基礎工事
基礎工事

8月5日【2】

今回は屋内駐車場と建物の耐圧両方です。

8月5日【1】

配筋検査は無事合格。コンクリートの打設ができます。

基礎工事
基礎工事

8月3日【8】

鉄筋に専用のクリップで固定していきます。

8月3日【7】

基礎のつなぎ目から水やシロアリなどの侵入を防ぐためにつかうものです。「キソ止水プレート」といいます。

基礎工事
基礎工事

8月3日【6】

建物の無事完成を祈りお祈りをしてもらった「鎮め物」。ちゃんと納めてありますね。

8月3日【5】

配筋は外部の検査機関から検査を受けます。図面通りに配筋ができているか、抜けているところがないか厳しくチェックが入ります。

基礎工事
基礎工事 8月3日【4】

内部の立ち上がりと言われる部分です。

8月3日【3】

平らな部分だけではなく、コーナー部分のつなぎも確認します。

基礎工事
基礎工事 8月3日【2】

継ぎ手といい、鉄筋と鉄筋をつないだ部分の確認です。

8月3日【1】

外周部に型枠を組んで、中に鉄筋をつなげていきます。

基礎工事
基礎工事 7月27日【5】

外周部分には捨てコンと呼ばれるコンクリートを流します。基礎底面を平らにならしたり、基礎の中心をマークしたりするなどのために必要なんです。

7月27日【4】

建物が建つ場所全てを覆います。

基礎工事
基礎工事 7月27日【3】

防湿シートを敷き終えたところです。土からの湿気を基礎のコンクリートへ行かせないために敷きます。

7月27日【2】

砕石転圧が完了しました。きれいにできています。

基礎工事
地鎮祭 7月27日【1】

種類の違う重機でさらに締め固めます。

7月26日【3】

確認後砕石をして、転圧をします。

地鎮祭
地鎮祭 7月26【2】

重機で掘削した後は、スケールをあてて深さなど図面通りにできているか確認します。

7月26日【1】

S様邸着工です。『丁張り』という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をします。 その後は重機で掘削していきます。

地鎮祭
地鎮祭 7月16日【6】

最後に玉串を納め無事地鎮祭は完了です。

7月16日【5】

続いてTK社長が鍬を使って初めて土をならず「土均(つちならし)」を行います。えい!えい!えい!

地鎮祭
地鎮祭 7月16日【4】

神社で用意して下さった「鋤」、「鍬」をつかいます。  お施主様が鋤を使って 初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)を行いました。大きな声でえい、えい、えい!

7月16日【3】

「四方払い」建物の周り四方と中央にお米・お塩などをまきお祓いをします。

地鎮祭
地鎮祭 7月16日【2】

神主さんのお祈りが始まりました。ご神前、工事をする土地および参列者の身を浄めるためのお祓いをします。

7月16日【1】

地盤調査の結果は改良の必要なし!よかったですね。
さて地鎮祭です。祭壇には神様へお供えする米、塩、山の幸・海の幸・畑の幸と神酒が飾ってあります

地鎮祭
地盤調査 6月3日【6】

結果は後日送られてきます。

6月3日【5】

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくので
回転数が少なく、固い地盤ほど回転数が多くなるそうです。

地盤調査
地盤調査 6月3日【4】

調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。調査会社が図面を確認して、調査ポイントにはA/B/C・・・と名前がつけられています。

6月3日【3】

建物を建てても大丈夫な力を地面が持っているかを確認します。最初に重りを乗せない状態でロッドと呼ばれる棒が入っていくかどうかを確認します。次に重さの違う重りを順番に乗せていきます。最後に叩いて確認します。

地盤調査
地盤調査 6月3日【2】

試験方法は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。資料などに『SS試験』と書いてあったりします。

6月3日【1】

八王子市S様邸施工レポート始まりです。
今日は地盤調査を行います。

地盤調査

 

1

青梅市

KT様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30