安心の家造り。施工現場をリポートします。│昭島市S様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
青梅市KC様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇昭島市S様邸◇

小屋裏収納

9月17日O

オプションになりますが、小屋裏収納を造ることもできます。法律上H=1400という高さ制限はあるもののこれだけの空間があれば収納も困りませんね。 S様邸の場合は約6帖です。

9月17日N

洋室にはW=1600以上のクローゼットがあります内部は枕棚とパイプがつき基本仕様となっています。

クローゼット
洋室

9月17日M

2階洋室です。階段上の空間を利用した物入れを造りました。

9月17日L

階段を上がりつつ見上げると玄関ホールと同様黒い天井です。
建具や家具の邪魔をしないようにLDKから見えない貼り分けにしてあります。

階段天井〜2階ホール
LDK

9月17日K

リビング階段の蹴込み板と踏板を貼りわけました。踏板を濃い色にしているのでメリハリがあってアクセントになります。

9月17日J

引き戸を開けると3畳のタタミコーナーが現れます。
戸がついているので閉めてしまえば独立した空間になるのでちょっと一息で横になることもお子さんのお昼寝になど使い方は多様です。

タタミコーナー
キッチン

9月17日I

手前の腰壁の内側には家電収納付のカップボードを施工しました。キッチンカウンターが広いと使い勝手がいいですよね。

9月17日H

キッチンは【パナソニック リビングステーション New S−Class壁付けタイプ】です。

キッチン
ユニットバス

9月17日G

ユニットバスは【パナソニック ココチーノ NEW Sクラス】です。
色は)ホワイトテンダーライン+パラレルホワイトの組合せです。明るくて清潔感がありますね。

9月17日F

洗面脱衣室の化粧台は600幅とコンパクト。

洗面化粧台
トイレ

9月17日E

トイレはTOTO製ウォシュレット一体型ZJです。
扉を開けたら正面にアクセントクロスが見えます。照明の色などを考慮して決定しました。

9月17日D

【玄関を開けたらお客さんを驚かせたい】とお施主様。黒い天井です。照明器具や建具と雰囲気を合わせたので 素敵な仕上がりになりました。

玄関ホール
外観

9月17日C

色はクリエモカ。
これがあるだけでも通行者の視線などが気になりにくいですね。

9月17日B

【LIXIL コートラインU:スクリーンタイプ】をつけました。

外観
外観

9月17日A

外装は旭トステム外装
スヴェルトSX:スヴェルトホワイトSX
アーバンストライプSX:カーサブラックAX
を張り分けしました。

9月17日@

昭島市S様邸竣工です。
玄関は引き戸タイプの【LIXIL エルムーブ】です。

外観 竣工
キッチン

8月2日G

キッチン部材一式が搬入されました。
取付設置がされるの楽しみですね。

8月2日F

小屋裏収納への階段がつきました。
棒で引くと階段が降りてきます。

2階
サッシ断熱

8月2日E

サッシの隙間には発砲ウレタンを充填します。

8月2日D

サッシ廻りに窓枠が取付けられました。

窓枠
配線・配管 8月2日C

スイッチボックスに電気配線がつながれています。手前に見えるのは24時換気のダクトですね。

8月2日B

天井裏にはこんなにたくさんの配管や配線がつまっているんですね。

配管
24時間換気 8月2日A

24時間換気設備の本体です。
ここから各部屋へダクトがつながれていきます。

8月2日@

外壁の施工が進みました。
バルコニーの色がアクセントになっていますね。

外観
軒天施工 7月14日F

棟梁小林大工が軒天の施工中ですね。軒天用の石膏ボードをはっています。

7月14日E

天井の下地ができました。これから電気配線などがされていきます。

天井組み
ドームパッキン 7月14日D

スリーブの位置は打ち合わせで事前に決めておきます。

7月14日C

バルコニーに空いている穴は排水口とオーバーフローです。

防水工事
電気配線 7月14日B

天井の野縁が組まれると電気屋さんが配線をしにきます。

7月14日A

会社名の入ったシートは透湿防水シートです。透湿防水シートとは、建物の外周に貼る防水シートの事を言います。 このシートの持つ、「室内に溜まった湿気を外部に排出しつつ、雨水は室内に通さない」という特徴を生かした工法を「外壁通気工法」っていいます。

外観
外観 7月14日@

外壁施工に入ります。

7月7日E

バルコニーの防水処理が終わりました。

防水工事
ユニットバス 7月7日D

お風呂が設置されました。専門の業者さんがやってきて半日で組みあがるんですよ!

7月7日C

短冊金物という構造用の金物です。

構造金物
同時給俳用スリーブ 7月7日B

キッチンの換気専用スリーブです。

7月7日A

24時間換気やエアコン用のスリーブです。断熱材を傷つけないように入れておきます。取付けた後は気密テープで塞ぎます。

ドームパッキン・気密テープ
筋交い金物 7月7日@

筋交いに取り付けられているのは構造金物の1つ筋交い金物リベロです。

6月20日A

次はTKパネルを入れて壁を作ります。

外観
屋根工事

6月20日@

最後に野地板をはったら屋根野断熱施工は完了です。

6月19日E

キレイに入っていますね〜

屋根断熱工事
屋根断熱工事

6月19日D

断熱材の上にさらに垂木を固定していきます。

6月19日C

棟の真ん中には発砲ウレタンを充填します。

屋根断熱工事
屋根断熱工事

6月19日B

屋根野一番上ですよ。

6月19日A

野地板の上に気密シートを貼り、その上に厚さの違うフェノバボードを2枚重ねて施工します。

屋根断熱工事
屋根断熱工事

6月19日@

今日は屋根の断熱施工です。

6月18日J

無事棟上完了です!お天気が心配なので、
雨養生をしっかりして本日は終了です。

上棟
上棟

6月18日I

建材は工場でプレカットされてきますが、微調整は大工さん達の経験によりおこなわれています。棟梁小林大工も真剣ですね。

6月18日H

屋根になる大事な部分ですよ。

上棟
上棟

6月18日G

2階の柱が全てたちあがったら次は棟までつくっていきます。

6月18日F

大工さんが床板をビスで固定していきます。

上棟
上棟

6月18日E

床組みが終わりました。升目がキレイですね。

6月18日D

材木同士を繋いでいるのはビス止め羽子板金物です。構造用の金物で大事なものです。

上棟
上棟

6月18日C

1階の柱と梁が入りました。続いて2階の柱をたてていきます。

6月18日B

社長の顔シートがかかりました。
昭島に登場です!

上棟
上棟

6月18日A

掛け声をかけあいながら大工さん達の作業は
安全も配慮してのものです。

6月18日@

今日はS様邸の上棟です。ちょっとお天気が
心配ですが、順調に作業は進みます。

上棟
土台敷き

6月16日B

基礎工事のときに入れたアンカーです。
基礎と土台を繋ぐ金物ですね。

6月16日A

基礎と土台の間には気密スペーサーが取り付けられました。

土台敷き
土台敷

6月16日@

基礎が完成したので、いよいよ上棟へ向けて
土台敷きの作業へ入ります。

5月28日B

また各要所には【アンカーボルト】が入れられます。基礎と土台をつなぐ大事な役割を持ちます。
他にも型枠がコンクリートの圧力で開いてしまわないように上下金具で固定します。

基礎工事
基礎工事

5月28日A

真ん中に鉄筋が挟みこまれていますよ。

5月28日@

平場部分が固まったので立上り部分の型枠を組んでいきます。

基礎工事
基礎工事

5月23日L

平場の打設完了です。
こらから固まるまで養生期間です。

5月23日K

いよいよコンクリート打設です。
生コン車とポンプ車より流し込まれてきたコンクリートをバイブレーターを使用して空気を抜きながら打設していきます。

打設
基礎工事

5月23日J

コンクリートが打設される前にスリーブを入れておきます。

5月23日I

基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で入れます。

配筋検査
基礎工事

5月23日H

無事配筋検査に合格したら、コンクリートの打設工事をしますが、その前にキソ止水プレートの取り付けをします。

5月23日G

地鎮祭でお祈りしてもらった『鎮物』もしっかり
納めてあります。

鎮物
基礎工事

5月23日F

深基礎は、一般の基礎より、根入れ深さが深い基礎のことです。S様邸は地盤の高低差がある土地なので一部分が深基礎になりました。

5月23日E

写真では南面深基礎となっていますね。

基礎工事
基礎工事

5月23日D

基礎のコーナー部分(写真)では立上り部分の主筋と重なる部分の長さが十分であるかを確認しています。

5月23日C

内部の立上り部分もきちんとはかります。

配筋工事
配筋工事

5月23日B

配筋の形状、鉄筋の径、配筋のレベル、配筋のピッチなどスケールをあてて正しくできているか確認します。

5月23日A

外部から検査員さんがやってきて、現地で設計図と1つずつ照合していきます。

配筋工事
配筋工事

5月23日@

今日はS様邸の配筋検査です。
配筋検査の基本は設計図書と一致しているかどうかの確認です。

5月13日E

白いシートは防湿シートといいます。地面からの湿気が基礎に上がって行かないように防ぐものです。

基礎工事
着工

5月13日D

砕石、転圧が完了してきれいになりましたね。

5月13日C

図面に沿って重機を使い掘削していきます。
その後砕石をして転圧します。

基礎工事
着工

5月13日B

『丁張り』という方法で建物の位置を確実に
出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていきます。

5月13日A

BMは施工時の基準レベルになるので、工事中でも撤去しないで動かないものを用います。
S様邸のBMは【マンホール天端】ですね。

着工
着工

5月13日@

いよいよS様邸着工です。
BMを決定します。

5月9日G

最後にお神酒をみんなでいただき乾杯をします。これで無事地鎮祭は終了です。

地鎮祭
地鎮祭

5月9日F

ご親族、社長、TKスタッフとみんなで捧げます。

5月9日E

【玉串奉奠】です。
ご家族みんなで玉串に祈りを込めて、神様にささげます。

地鎮祭
地盤調査

5月9日D

最後に施工店を代表して、社長が『ええ〜い!』。

5月9日C

奥様とH君も一緒に『ええ〜い』。

地鎮祭
地鎮祭

5月9日B

続いてお施主様が気持ちを込めて、【鍬入れ】をします。大きな声で『ええ〜い!!』

5月9日A

土地の四隅にお酒、塩、お米をまいて清める【四方払い】といいます。

地鎮祭
地鎮祭

5月9日@

今日はS様邸の地鎮祭です。いいお天気でよかったですね。
お施主様、お施主様のご家族、施工者みんなで工事の無事を祈り、土地の神様にお願いをします。

4月23日E

結果は後日会社へ届けられます。この調査結果によっては改良工事をする必要があったりするのでとても大事です。

地盤調査
地盤調査

4月23日D

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくので回転数が少なく、固い地盤ほど回転数が
多くなるそうですよ。

4月23日C

また調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。

地盤調査
地盤調査

4月23日B

調査会社さんが図面を確認して、調査ポイントにA/B/C・・・と名前をつけています。

4月23日A

試験方法は試験形式は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。敷地内の5ヶ所を順番に調査をしていきます。

地盤調査
地盤調査

2014年4月23日@

昭島市S様邸リポート開始です。
今日は地盤調査です。
基礎工事を始める前に必ず行う調査です。

 

1

__市

_様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30