安心の家造り。施工現場をリポートします。│あきる野市F様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
青梅市KC様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇あきる野市F様邸◇

2016.5.6更新
5月6日【11】

収納スペースです。お手持ちのタンスなどがぴったり納まるよう高さ幅など調整してあります。

収納
収納3連引き戸 5月6日【10】

クローゼット扉よりも開口が大きくとれる収納3連引き戸です。幅6尺高さ8尺タイプ。

5月6日【9】

1階から2階まではライトブラウン1色で統一しています。

階段
洋室 5月6日【8】

主寝室です。母屋下がりの為天井が下がってきています。

5月6日【7】

2階の洋室です。一面に1000クラスのアクセントクロスを入れてあります。『リリカラ:LRP73019』

洋室
引き戸 5月6日【6】

居室などへの入口は引き戸です。勢いよく開けてもソフトクローズ機能付きなのでゆっくりしまります。

5月6日【5】

階段下の空間を利用した収納です。収納の扉はすべでホワイトで統一しました。

収納扉
玄関ドア 5月6日【4】

スリットがあるため玄関内にも光が入ります。

5月6日【3】

白ベースな為玄関廻りだけアクセントに濃い色を入れました『エモーネデュオSX:エモーネベージュEX』。玄関ドアはLIXIL製『B12型:エクリュアイボリー』です。

玄関ドア
外観 5月6日【2】

外壁は旭トステム外装『スクラッチストーン16SX:ナチュラルホワイト』をベースに両サイドを『ソナートSX:ソナベージュX』で張り分ました。

5月6日【1】

あきる野市F様邸完成です。

外観
2016.3.20更新
階段下収納 3月20日【5】

デットスペースになりがちな階段下を収納にしました。扉の中に見えているのは階段です。

3月20日【4】

大工施工のバスタオル掛けです。サイズはもちろんオーダーできますよ。

タオル掛
エコキュート 3月20日【3】

370Lのタンクです。この中には熱いお湯が造られてためられています。

3月20日【2】

これはエコキュートのヒートポンプです。

エコキュート
外観 3月20日【1】

外構工事の真っ最中です。整地がすんだところです。

2016.3.13更新
3月13日【4】

オプションですがトイレ内に手摺もつけられます。

トイレ
コンセント 3月13日【3】

洗濯機用のコンセントはお風呂扉が引き戸の為壁に設置してあります。

3月13日【2】

この日は行政の完了検査をうけます。24時間換気やバルコニーの防水など様々な検査項目があります。

24時間換気
外観 3月13日【1】

工事も外構を残すのみとなりました。

2016.3.11更新
3月11日【4】

正面のみ色を替えてあります。あまりは派手な柄ではなく優しい色合いで。

貼り分
量産 3月11日【3】

2階のクロス施工は終わっています。こちらのお部屋はシンプルに。

3月11日【2】

入口側一面をアクセントクロスにしました。ちょっと分りづらいですが緑で可愛い柄です。

1000クラス
クロス施工 3月11日【1】

内装も仕上げに入ってきました。クロス職人さんが天井の施工をしています。

2016.3.5更新
3月5日【7】

キッチンの取付設置も進みレンジフードがつきました。中の配線などの仕上げは設備工事の時に電気屋さんがおこないます。

レンジフード
枠 3月5日【6】

3連収納の枠とレール金具などがついています。

3月5日【5】

収納の枠がつきました。

枠
階段 3月5日【4】

こちらは階段の裏側です。これから壁ができて階段下収納をつくります。

3月5日【3】

階段ができました。踏板の色を変えてあります。

階段
外観 3月5日【2】

中央部分だけ張り分けをしているのがわかりますね。

3月5日【1】

足場が外れて外観が見えるようになりました。

外観
2016.2.26更新
洋室 2月26日【8】

洋室の壁と天井に石膏ボードがはられています。隣との壁はこれからつくられるところです。

2月26日【7】

2階のホールです。扉が付くところには下がり壁がつくられていますね。

2階ホール
内部工事 2月26日【6】

母屋下がり部分の壁です。天井が少し斜めになっているのが分りますか。

2月26日【5】

天井から下がっているダクトは24時間換気のもので、室内の空気を吸い上げ機械へ送る口です。

ルフロダクト
内部工事 2月26日【4】

内部では天井と壁に石膏ボードがはられている途中です。

2月26日【3】

サイディングの目地にはシーリング材が充填されました。

外観
玄関 2月26日【2】

玄関廻りだけアクセントに濃い色を使用していますよ。

2月26日【1】

外回りの作業ももう少しで完了です。

外観
2016.2.20更新
お風呂 2月20日【13】

ただの発泡スチロールではないですよ。保温浴槽なんです。お湯が長時間冷めにくい構造になっています。

2月20日【12】

そしてユニットバスがはいりました〜。

お風呂
ルフロ 2月20日【11】

24時間換気ルフロの本体です。灰色のダクトが各箇所へ伸びていきます。

2月20日【10】

キッチンの換気専用です。同時給俳仕様のためスリーブも2個です。

スリーブ
スリーブ 2月20日【9】

外壁側はというと・・・気密防水テープ(黒いテープ)を密着して貼り、壁面の気密性を高めています。。

2月20日【8】

ドームパッキン+気密テープでしっかりふさいであります。

スリーブ
下地 2月20日【7】

中では小山大工が天井下地の施工をしています。

2月20日【6】

サッシも全て取り付けが終わりました。このまま外壁が貼り終えれば安心ですね。

サッシ
サイディング 2月20日【5】

はり分け部分の施工中ですね。

2月20日【4】

その上に外壁をはっていきます。

サイディング
水切り 2月20日【3】

土台水切りとスタート金具です。

2月20日【2】

F様が選んだサイディングが積まれています。規格物のためサイディング屋さんが現場でカットしながらはっていきます。

外壁
外観 2月20日【1】

名前の入った透湿防水シートが貼られました。
室内に溜まった湿気を外部に排出しつつ、雨水は室内に通さないシートなんですよ。

2016.2.6更新
2月6日【5】

決められた間隔で釘が売ってあることをスケールをあてて確認しています。

釘
サッシ 2月6日【4】

これから取り付けをまつサッシ達です。

2月6日【3】

玄関ドアの取り付けが終わりました。あとはサッシがつけば雨が入る心配もないですね。

玄関
スリーブ 2月6日【2】

スリーブを開ける位置に印をつけておきます。高さや大きさなど細かく指示してありますね。

2月6日【1】

TKパネルの中に固定されているのは【ホールダウン金物】です。建物に大な力が加わったとき土台や梁などから柱が抜けないように固定する金物です。

金物
2016.2.1更新
上棟 2月1日【7】

よく見ると人影が!!。屋根を施工する職人さんです。

2月1日【6】

屋根の垂木と壁をしっかり固定している金物は【あおり止め】といいます。下からの強風などで屋根が飛ばされてしまわないようにする金物なんです。

上棟
屋根材 2月1日【5】

屋根材が搬入されました。

2月1日【4】

これは筋交い用金物リベロUです。柱と筋交いをより強く固定するための金物ですね。

リベロU
内部 2月1日【3】

梁や火打ちなどよくみると様々なところに金物が使われているのがわかります。

2月1日【2】

小山大工が筋交いを施工しています。

筋交い
バルコニー 2月1日【1】

バルコニーができてきました。床はその名も【ベランダくん】バルコニーの下地として使用する下地材です。耐水性・耐火性にもすぐれているんですよ。

2016.1.24更新
1月24日【10】

バルコニーになる部分ですよ。
まだこれから施工が進みます。

バルコニー
屋根断熱 1月24日【9】

伸びている垂木はあとでカットします。

1月24日【8】

一番高い部分での作業は緊張が伴いますね。その中でも大工さんは順調に作業をすすめていきます。

屋根断熱
屋根断熱

1月24日【7】

棟の部分には発泡ウレタンを隙間なく充填していきます。

1月24日【6】

その上に厚さの違う断熱材ネオマフォームを2枚施工します。1枚の厚さは35oと45o。

屋根断熱
屋根断熱

1月24日【5】

緑色のシートは気密シートです。防水性に優れ厚さ2oもあるので簡単には切れません。

1月24日【4】

その上に屋根用の野地板をはっていきます。

屋根断熱
屋根断熱

1月24日【3】

垂木を固定していきます。

1月24日【2】

木だけでも屋根ができるとお家らしさがでますよね。

屋根断熱
屋根断熱

1月24日【1】

屋根施工に入りました。

2016.1.15更新

1月15日【9】

ここにもPロックが出ていますね。

上棟
上棟

1月15日【8】

断熱材ネオマフォームが積まれていますね。大工さんが2階の梁と柱を固定するボルトを締めているところです。

1月15日【7】

見えるところだけではなく見えないところにも金物は使用されていますよ。

上棟
上棟

1月15日【6】

TKパネルが入り、構造用の羽子板金物が固定されています。

1月15日【5】

声を掛け合いながら梁を柱に打ち込んでいきます。

上棟
上棟

1月15日【4】

2階の柱や束、床の構造用合板が用意されています。

1月15日【3】

大きな梁がクレーンでつるされ大工さんの手元に下りてきています。

上棟
上棟

1月15日【2】

1階の柱が建っていますね。

1月15日【1】

生憎のお天気ですがF様邸上棟です。

上棟
2015.12.22更新
土台

12月22日【6】

基礎と土台と柱を結ぶPロックの台座が設置されました。

12月22日【5】

土台の長さや配置は決められていて工場で加工、刻印がされたものが現場に納品されます。

土台
土台

12月22日【4】

いよいよ土台敷きです。基礎と土台の木材の間には天端リストと呼ばれるパッキンを入れます。

12月22日【3】

床ができる前に給水・湯水・排水管を設置しておきます。

基礎配管
基礎配管

12月22日【2】

給水を各場所へ分配する為のヘッダーです。

12月22日【1】

コンクリートがしっかり固まったので型枠を外しました。

基礎配管
2015.12.4更新
基礎工事

12月4日【3】

バイブレータを入れて空気を抜きながらコンクリートを流していきます。空気が一定以上含まれていると強度に支障が出る為この作業はとても大事です。

12月4日【2】

青丸が基礎と土台を繋ぐ『アンカー』を設置します。アンカーの位置は図面に記載されているんですよ。そして黄色丸は上下とめ金具です。コンクリートの圧力で型枠が外れてしまわないように取り付けます。

配筋検査
配筋検査

12月4日【1】

平場が固まったことを確認したら、今度は立上り部分の打設準備をします。

2015.12.3更新

12月3日【18】

数日間の養生期間をおいてコンクリートが固まるのを待ちます。

配筋検査
配筋検査

12月3日【17】

検査は無事合格。これからコンクリートの打設を行います。

12月3日【16】

内部の立上り部分や人通口など。

配筋検査
配筋検査

12月3日【15】

外周部はもちろん。

12月3日【14】

図面どおりに継手など長さがきちんと保たれているかスケールをあてて確認します。

基礎工事
基礎工事

12月3日【13】

基礎外周部に設置されているものは『キソ止水プレート』です。基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で取り付けます。

12月3日【12】

続いて配筋検査を受けます。配筋検査は継手の長さや組み方など図面どおりにできているか確認されます。この検査に受からないとコンクリートを打設することができません。

基礎工事
基礎工事

12月3日【11】

建物の無事完成を祈りお施主様がお酒をまいています。

12月3日【10】

もちろん地鎮祭でお祈りをしてもらった『鎮物』も埋めますよ。

基礎工事
基礎工事

12月3日【9】

お施主様が埋めているのはお守りの水晶です。

12月3日【8】

外周部に型枠を組んでさらに鉄筋を入れていきます。

基礎工事
基礎工事

12月3日【7】

最後に防湿シートを敷きます。防湿シートは地面からの湿気を防ぐために全体に敷いてゆきます。

12月3日【6】

転圧完了後成形をします。

基礎工事
基礎工事

12月3日【5】

砕石をした後 写真の重機を使って、より強固な地盤にする為にランマ転圧をかけます。

12月3日【4】

図面どおりにできているかスケールをあてて確認します。

基礎工事
基礎工事

12月3日【3】

続いて『根切り』。重機を使って掘削していきます。

12月3日【2】

着工とは『丁張り』という方法で建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていくことです。『遣り方』という人もいますね。

基礎工事
基礎工事

12月3日【1】

地盤調査の結果は問題なし、よかったですね。今日から着工です。

2015.11.15更新

11月15日【15】

結果次第では改良が必要な場合もあります。
また地盤の状態によって改良方法も様々です。

地盤調査
地盤調査

11月15日【14】

最初に重りを乗せない状態でロッドと呼ばれる棒が入っていくかどうかを確認します。柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくのですが、入っていかない場合は重さの違う重りを順番に乗せていきます。

11月15日【13】

これはあるポイントのデーターです。

地盤調査
地盤調査

11月15日【12】

調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。調査会社が図面を確認して、調査ポイントにはA/B/C・・・と名前がつけられています。

11月15日【11】

続いて地盤調査を行いました。試験形式は“スウェーデン式サウディング試験”といいます。人の手で行う方法と機械を使う方法があります。

地盤調査
地鎮祭

11月15日【10】

最後にお兄ちゃんも納めます。これで地鎮祭は無事終了しました。いいお天気でよかったです。

11月15日【9】

お母様と妹ちゃんも仲良く納めます。

地鎮祭
地鎮祭

11月15日【8】

【玉串奉奠】です。
玉串に自分の祈りをのせ、神にささげるという
意味がこめられています。
お施主様から納めます。

11月15日【7】

施工店を代表して社長も『えい、えい、え〜い』。

地鎮祭
地鎮祭

11月15日【6】

続いて奥様と妹ちゃんも一緒に『えい、えい、え〜い!』

11月15日【5】

お兄ちゃんも『えい、えい、え〜い!』

地鎮祭
地鎮祭

11月15日【4】

【鍬入れ】お施主様が気持ちを込めて、
大きな声で『えい、えい、え〜い!!』

11月15日【3】

神主さんがお祓いをした後にまいていきます。

地鎮祭
地鎮祭

11月15日【2】

【四方払い】です。
土地にお酒、塩、お米をまきならが四隅をまわり清めます。

11月15日【1】

あきる野市F様邸施工レポート始まりです。

地鎮祭

 

1

__市

_様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30