安心の家造り。施工の現場をリポートします。│あきる野市E様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1
青梅市F様邸

2
青梅市K様邸

3
青梅市 I 様邸

4
東久留米市NY様邸

6
青梅市KC様邸

1
東久留米市N様邸

2
羽村市D様邸

3
あきる野市E様邸

4
青梅市K様邸

6
八王子市S様邸

1
青梅市S様邸

2
三沢市T様邸

3
青梅市YH様邸

4
青梅市YT様邸

6
青梅市S様邸

青梅市KY様邸
青梅市KY様邸

あきる野市K様邸
あきる野市K様邸

青梅市O様邸
青梅市O様邸

4
あきる野市F様邸

5
府中市N様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市I様邸
青梅市I様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市F様邸
羽村市F様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸


青梅市A様邸


大和市I様邸


日の出町S様邸


青梅市YT様邸

青梅市K様邸
青梅市MT様邸

瑞穂町M様邸
瑞穂町M様邸


青梅市SK様邸


日の出町H様邸


昭島市S様邸

日高市A様邸
日高市A様邸

青梅市Y様邸
青梅市Y様邸

青梅市HS様邸
青梅市HS様邸

あきる野市Y様邸
あきる野市Y様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

あきる野市O様邸
あきる野市O様邸

日の出町K様邸
日の出町K様邸

青梅市T様邸
青梅市T様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

福生市M様邸
福生市M様邸

羽村市K様邸
羽村市K様邸

立川市Y様邸
立川市Y様邸

福生市O様邸
青梅市I様邸

国立市N様邸
国立市N様邸

羽村市M様邸
羽村市M様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

青梅市K様邸
青梅市K様邸

福生市O様邸
福生市O様邸

あきる野市N様邸
あきる野市N様邸

あきる野市SE様邸
あきる野市SE様邸

羽村市FS様邸
羽村市FS様邸

青梅市H様邸
青梅市H様邸

羽村市S様邸
羽村市S様邸

青梅市IG様邸
青梅市IG様邸

羽村市NJ様邸
羽村市NJ様邸

羽村市WT様邸
羽村市WT様邸

羽村市WF様邸
羽村市WF様邸

青梅市S様邸
青梅市S様邸

府中市K様邸
府中市K様邸

小平市T様邸
小平市T様邸

青梅市N様邸
青梅市N様邸


青梅市W様邸


羽村市M様邸


あきる野市S様邸

八王子市N様邸
八王子市N様邸

国分寺市K様
埼玉県N様邸


青梅市NK様邸


青梅市IT様邸


青梅市NT様邸


国分寺市F様邸

国分寺市K様
国分寺市K様邸

青梅市S様
青梅市S様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市I様
青梅市I様邸


あきる野市I様邸

青梅市M様
青梅市M様邸

青梅市N様
青梅市N様邸

青梅市Y様
青梅市Y様邸

青梅市K様
青梅市K様邸

青梅市YT様
青梅市YT様邸

施工中現場リポート

◇あきる野市E様邸◇

2017.6.16更新

6月16日【20】

2階トイレは『TOTO ZJ』。こちらは手洗い付です。壁紙は『サンゲツ』1000クラスを使用しました。

竣工
竣工

6月16日【19】

『TOTO パーティシンク』です。大工造作カウンターと合せて施工しました。

6月16日【18】

コチラはペットの猫ちゃん用出入口です。

竣工
竣工

6月16日【17】

天井から金具が出ています。ここにフックを取付けてハンモックヨガをするためにお施主様希望で取付けました。

6月16日【16】

縦すべり出し窓とFIX窓の組み合わせなどサッシを多く入れて明るい部屋になっています。内観色は『プレシャスホワイト』です。

竣工
竣工

6月16日【15】

空の模様の天井クロスは1000クラスです。

6月16日【14】

子供部屋にはロフトを作りました。こちらには天窓がついています。

竣工
竣工

6月16日【13】

2階は3部屋。各部屋とも1面アクセントに鮮やかなカラーを貼っています。

6月16日【12】

白い階段を上がると2階です。照明器具は『オーデリック:OB081015LC』電球色で40Wクラスの明るさです。階段がホワイトなので40Wでも明るく感じますが、ダーク色の場合は60Wクラスがおすすめです。

竣工
竣工

6月16日【11】

1階トイレは基本の『ZJ』とオプション『TOTO 手洗いカウンターSJシリーズ』です。クロスは『サンゲツ』1000クラスを上下貼り分けで使用しました。

6月16日【10】

洗面化粧台は『パナソニック シーライン』。横にはオプションの『ランドリーラック』が設置されています。

竣工
竣工

6月16日【9】

大工造作の収納棚です。お手持ちの収納のサイズに合わせ制作しました。

6月16日【8】

洋室の奥にはW.I.Cがあります。枕棚とパイプの組み合わせで2セット交差させながらの施工です。

竣工
竣工

6月16日【7】

出窓付の洋室です。LDKと対照的にダーク色でまとまっています。床は『ウッドワン:コンビットニューアドバンスV152、カラー:ディープブラウン』です。

6月16日【6】

背面にはオプションのカップボード。家電収納付です。蒸気処理もついているので台座を引き出さなくても炊飯器が使えます。

竣工
竣工

6月16日【5】

『パナソニックシステムキッチン ラクシーナ』対面式ですが、手元が見えない造りになっており、雑多な感じになりやすいシンク周りを見られることがないので安心です。

6月16日【4】

LDKの床はオプション『ダイケン:ハピアフロア、カラー:ホワイトオニキス柄』です。タイルの様な質感の床材で、ウッドフロアーとはまた違う印象になります。

竣工
竣工

6月16日【3】

玄関を入ると左手には収納があります。中は可動棚になっており、家族分の靴が収納できるようになっています。正面にはニッチを造り一輪挿しなどが飾れるようになっています。

6月16日【2】

サッシはアルミ樹脂複合『防火戸FG-H』、外観色と内観色を自由に組み合わせできます。
写真の外観色は『ホワイト』です。

竣工
竣工

6月16日【1】

9月に竣工した、E様邸です。
外壁は『旭トステム外装:アーバンストライプP カーサブラックP、ラスティウッドP ラスティシダーP』を貼り分けて施工しました。

9月2日【3】

レンガ調とグリーンのクロスがいいですね。どんな家具が置かれるのでしょうか。

こんな隙間にも
あおり止め

9月1日【2】

それぞれ好みの色を一色入れています。ビビットなピンクは誰の好みでしょう。

9月1日【1】

クロス施工が進みました。白い中にアクセントクロスのカラーがきれいに目立ちますね。

雪止め金具
Y-15

8月30日【4】

キッチンの取付も終わっています。食洗機とガス台はそれぞれ設備屋さん、ガス屋さんが取付をします。

8月30日【3】

材料とクロスに糊付けをする機械が見えていますね。

お札
バルコニー

8月30日【2】

パテで釘や石膏ボードの継ぎ目などを埋めて平らにしていきます。

8月30日【1】

大工工事が終わり、内装設備工事へと進みます。

バルコニー
断熱材

8月10日【6】

階段ができあがり2階への上り下りが楽になりますね。

8月10日【5】

バルコニーに笠木と物干しが取付けられました。

外観
断熱材

8月10日【4】

壁が出来てくるとお部屋の大きさや広さがわかりやすくなりますね。

8月10日【3】

壁には石膏ボードが貼られて部屋の形になってきました。

防水シート
開口部

8月10日【2】

ロフトに腰壁が出来ました。

8月10日【1】

防水シーリング、雨樋工事が完了し、足場が解体されました。

FPR防水
二重断熱 8月2日【7】

外壁面のパネル製作が出来ない部分には加工できる断熱材ネオマフォームをはっていきます。

8月2日【6】

窓枠と収納の扉枠が施工されました。

軒
屋根 8月2日【5】

バルコニーへ出られるサッシとFIX窓がかっこいいですよ。

8月2日【4】

建具や造作材が搬入されました。

パルテノン
屋根下地 8月2日【3】

24時間換気本体にダクトが繋がれました。

8月2日【2】

ヒートポンプ式の床暖房のマットです。

屋根施工
発砲ウレタン 8月2日【1】

外壁の施工が進みました。貼り分けの部分がアクセントになっていいですね。

7月14日【3】

部屋上にバルコニーなどが来る場合は天井にも断熱材を施工し、さらに気密シートをはっておきます。

屋根断熱
屋根断熱 7月14日【2】

ユニットバスの設置が完了しました。

7月14日【1】

1階部分の外壁が貼られていますね。

上棟
上棟 7月9日【5】

ロフトになる部分です。

7月9日【4】

外工事ではバルコニーのFRP防水工事が完了しました。外壁施工は透湿防水シートが貼られています。

クロス工事
上棟 7月9日【3】

図面に記載されている『PS/DS』という記号は、写真のように配管などを通す場所です。

7月9日【2】

壁にはスリーブが開けられ、ドームパッキンと気密テープでしっかり固定されています。TV線や電気の引き込み線が見えています。

上棟
上棟 7月9日【1】

24時間換気ルフロの本体が設置されました。

6月24日【5】

2階のサッシ取付が完了しました。

上棟
上棟 6月24日【4】

ユニットバスの組み立ても始まりました。浴槽の断熱材が見えています。

6月24日【3】

柱と筋交いをさらに固定する金物です。

上棟
上棟 6月24日【2】

筋交いが入りました。

6月24日【1】

サッシの設置が完了したので、ブルシートをはがします。

上棟
上棟 6月16日【9】

今回天窓があるので、その廻りもきっちり防水処理をします。

6月16日【9】

屋根瓦の前に防水シートアスファルトルーフィング『カッパ』を敷いていきます。

階段
スイッチBOX 6月16日【8】

その上に野地板を貼って屋根の断熱工事は完了です。

6月16日【7】

断熱材の上に垂木をはっていきます。

バルコニー
屋根断熱 6月16日【6】

一番高い部分での作業は緊張が伴いますね。その中でも大工さんは順調に作業をすすめていきます。棟の部分には発泡ウレタンを隙間なく充填していきます。

6月16日【5】

1枚の厚さは35oと45o。80mmの厚さにします。

屋根断熱
屋根断熱

6月16日【4】

その上に厚さの違う断熱材ネオマフォームを2枚施工します。

6月16日【3】

緑色のシートは気密シートです。防水性に優れ厚さ2oもあるので簡単には切れません。

屋根断熱
屋根断熱

6月16日【2】

今日は屋根の断熱工事をします。

6月16日【1】

サッシなどが取付完了するまではブルーシートで覆っておきます。社長の顔シートも掲げてありますね。

屋根断熱
屋根断熱

6月14日【9】

建物の四方全てにまきます。

6月14日【8】

上棟時にはお施主様と弊社頭領小林でお清めのお酒、お塩、お米をまいていきます。

屋根断熱
屋根断熱

6月14日【7】

パネルを全て設置しおわるまで、仮筋交いを入れておきます。

6月14日【6】

柱と梁が全て固定されたらTKパネルを設置していきます。

上棟
上棟

6月14日【5】

2階の床構造用合板を固定していきます。

6月14日【4】

見えるところだけではなく見えないところにも金物は使用されていますよ。

上棟
上棟

6月14日【3】

土台と柱には構造用の金物が固定されています。

6月14日【2】

声を掛け合いながら梁を柱に打ち込んでいきます。

上棟
上棟

6月14日【1】

E様邸、上棟です。

6月13日【4】

土台敷きの前に給排水設備の配管をしておきます。

上棟
上棟

6月13日【3】

Pロックが見えています。基礎と土台柱を繋ぐ金物です。

6月13日【2】

大引きと呼ばれる木材が運ばれてきました。木材にはひらがなと数字が刻印されていて図面の位置を表しています。

上棟
土台

6月13日【1】

いよいよ土台敷きです。

6月1日【2】

高さや天端の巾など図面通り施工できているか確認します。

土台
土台

6月1日【1】

コンクリートが固まったことを確認したら、型枠を外します。

5月25日【4】

コンクリートミキサー車と圧送車です。基礎工事の打設時には2台で作業を行います。

基礎配管
基礎配管

5月25日【3】

バイブレータを入れて空気を抜きながらコンクリートを流していきます。空気が一定以上含まれていると強度に支障が出る為この作業はとても大事です。

5月25日【2】

基礎と土台を繋ぐ『アンカー』を設置します。アンカーの位置は図面に記載されているんですよ。そして上下とめ金具をコンクリートの圧力で型枠が外れてしまわないように取り付けます。

基礎配管
基礎工事

5月25日【1】

平場が固まったことを確認したら、立ち上がり部分の型枠を組んでいきます。

5月23日【2】

このまま固まるまで数日間の養生期間を設けます。

配筋検査
配筋検査

5月23日【1】

検査は無事合格です。耐圧という平らな部分からコンクリートを打設していきます。

5月20日【9】

地鎮祭でお祈りしてもらった『鎮め物』です。
建物の中央に納めます。

配筋検査
配筋検査

5月20日【8】

外周部の立ち上がり部分の配筋も確認します。

5月20日【7】

内部の立上り部分や人通口なども確認します。

配筋検査
配筋検査

5月20日【6】

鉄筋同士が重なる長さなどスケールをあてて確認します。

5月20日【5】

続いて配筋検査を受けます。配筋検査は継手の長さや組み方など図面どおりにできているか確認されます。この検査に受からないとコンクリートを打設することができません。

基礎工事
基礎工事

5月20日【4】

配筋の間に入れてある筒はスリーブです。
床下を配管や配線が通るための穴がコンクリートで潰されないように入れておきます。

5月20日【3】

外周部全てに回してく、専用のクリップで固定します。

基礎工事
基礎工事

5月20日【2】

これは『キソ止水プレート』です。
基礎の継ぎ目から入る水や白ありの侵入を防ぐ目的で取り付けます。

5月20日【1】

外周部に型枠を組み、鉄筋を組んでいきます。

基礎工事
地鎮祭

5月11日【8】

地面からの湿気が基礎へ行かないように『防湿シート』を敷いておきます。

5月11日【7】

重さの違う転圧機を使い整地完了です。

基礎工事
基礎工事 5月11日【6】

続いて砕石をして転圧機で転圧を行います。

5月11日【5】

重機で掘削し不要な土は搬出していきます。

基礎工事
基礎工事 5月11日【4】

東西南北とひとつひとつ書いてある用紙に包まれており四隅へ納めます。

5月11日【3】

お施主様よりお預かりした水晶です。

基礎工事
基礎工事 5月11日【2】

基礎の高さなどスケールで確認していきます。

5月11日【1】

地鎮祭もおわり着工です。『遣り方』ともいいます。建物の位置を確実に出すために実際に建物が立つ周りに板と糸で印をしていくことです。

基礎工事
地鎮祭 5月8日【8】

東西南北と中央5ヶ所に。最後にお神酒を飲んで無事終了いたしました。

5月8日【7】

最後にお供えしたお米、お水、お酒などを四方へまいていきます。

地鎮祭
地鎮祭 5月8日【6】

続いてご家族も納めます。

5月8日【5】

続いて工事の安全を祈り玉串を治めます。まずはお施主様から。

地鎮祭
地鎮祭 5月8日【4】

鍬を使って初めて土をならず「土均(つちならし)」をTKで行います。最後に神主さんが鎮め物を納めます。

5月8日【3】

神社で用意して下さった「鎌」、「鋤」、「鍬」をつかいます。  その土地で初めて草を刈る「刈初(かりぞめ)」鎌を使いTKが行いました。続いてお施主様が鋤を使って 初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)を行いました。大きな声でえい、えい、えい!

地鎮祭
地鎮祭 5月8日【2】

神主さんのお祈りが始まりました。ご神前、工事をする土地および参列者の身を浄めるためのお祓いをします。

5月8日【1】

地盤調査の結果は改良の必要なし。よかったですね。今日は快晴の中地鎮祭です。祭壇には神様へお供えする米、塩、山の幸・海の幸・畑の幸と神酒が飾ってあります。

地鎮祭
地鎮祭 4月25日【6】

調査結果が出るまでどきどきしますね。

4月25日【5】

調査結果は後日送られてきて、地盤の状態によっては改良工事を行ったりします。

地鎮祭
地鎮祭 4月25日【4】

柔らかい地盤ほど簡単に地面へ入っていくので
回転数が少なく、固い地盤ほど回転数が多くなるそうです。

4月25日【3】

調査ポイントは敷地や建物の大きさによって増えたり減ったりします。調査会社が図面を確認して、調査ポイントにはA/B/C・・・と名前がつけられています。

地鎮祭
地盤調査 4月25日【2】

“スウェーデン式サウディング
試験”といいます。先端がドリルのようになっている棒をまず何もない状態で沈むかを確認し、次に重さの違う重りを載せた状態で一定の深さまで入るのに費やした回転数を記録していきます。

4月25日【1】

解体工事も無事におわり、今日は地盤調査です。
建物を建てても大丈夫な力を地面が持っているかを確認します。

地盤調査
解体工事 4月16日【2】

重機を使用して解体していきます。

4月16日【1】

あきる野市Y様邸施工レポート始まりです。
建替えのお客様なので既存のお家を解体する工事からはじめます。

解体工事

 

1

__市

_様邸

2

__市

_様邸

3

__市

_様邸

4

__市

_様邸

5

__市

_様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30