安心の家造り。施工中現場をリポートします。│杉並区M様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1

青梅市

新社屋

2

杉並区

M様邸

3

青梅市

T様邸

4

青梅市

GS様邸

5

青梅市

GH様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

施工中現場リポート

◇杉並区M様邸◇

2018.8.26更新

8月26日【5】

サツキの植樹と植える樹木用の

型枠をつくっているところです。

8月26日【4】

外構工事が始まりました。

ブロック工事用の材料が

搬入されました。

8月26日【3】

養生で隠れていましたが、

洗面の扉はルーバータイプです。

 

8月26日【2】

高所用の窓から明るい光が

差し込んでいます。

8月26日【1】

クリーニング完了です。

養生も全て取り外して

全体が見えるようになりました。

8月17日【2】

汚れや埃をとるとまた違いますよ。

8月17日【1】

照明器具やエアコンなどの取付が

完了しました

クリーニング前に養生を剥がします。

8月13日【5】

2階洗面用の造作家具です。

この上にボウルと水栓金具が

取付けられます。

8月13日【4】

設備機器の取付前です。

ダウンライト用の穴があけてあります。

8月13日【3】

キッチンから階段をのぞける内窓です。

開閉ができる扉がついています。

8月13日【2】

クローゼット扉の取付が完了しました。

上部はビルドインのエアコン用の開口です。

8月13日【1】

内部壁天井の塗装工事が終わりました。

竣工

7月31日【3】

内部は可動棚になっていて、

収納するものによっては高さを

変えられます。

7月31日【2】

玄関収納の扉がつきました。

竣工
竣工

7月31日【1】

2階手洗いの収納です。

この上にカウンターがつき手洗器が設置されます。

7月29日【3】

収納の内部、枕棚とパイプの取付が

完了しました。

竣工
竣工

7月29日【2】

1階キッチンの取付完了です。

この後は設備工事を行います。

7月29日【1】

階段下収納です。

収納のサイズに合せて扉は

オーダーしています。

竣工

7月28日【4】

障子の枠がつきました。

内装が仕上がったら障子本体を

取付けます。

7月28日【3】

1階トイレの枠がつきました。

竣工
竣工

7月28日【2】

造作工事も終盤です。

建具の取付は最後に行います。

7月28日【1】

TV台の設置が完了しました。

竣工
竣工

7月20日【3】

キッチンとダイニングの対面カウンターが

見えます。

キッチンへの入口には引戸が

取付られます。

7月20日【2】

キズがつかないように養生をしてあるので

全体が見えないのが残念ですが・・・。

竣工
竣工

7月20日【1】

キッチンとカップボードの設置取付

が完了しました。

7月17日【3】

階段の先には手洗いが設置されます。

建具屋さんの造作待ちです。

外構工事
外構工事

7月17日【2】

内部では階段ができあがって、

木工事の仕上げに入ります。

7月17日【1】

足場が外れて外観が

よく見えるようになりました。

木製のフェンスが素敵です。

エアコン

7月15日【3】

西側のバルコニーは、サッシと同色で

施工しました。

7月15日【2】

クローゼットの内部です。

押入ボードを貼ってあります。

エアコン
トイレ

7月15日【1】

収納の内部ができあがりました。

この後は枠と扉の施工をします。

7月13日【3】

建具やカウンターの材料が搬入され、

出番が来るのを待っています。

収納
階段

7月13日【2】

ダイニングのベンチができあがりました。

7月13日【1】

キッチン、カップボードまわりの

造作を施工しています。

壁の下地などが見えています。

内観

7月10日【4】

東側のバルコニーができあがりました。

7月10日【3】

バルコニー内側からです。

支柱は鋼材に錆びない処理をした上で

塗装しました。

内観
外観

7月10日【2】

バルコニーの手摺施工を行っています。

7月10日【1】

気持ちのいい青空ですね。

内観
内観

7月9日【2】

カーテンボックスが施工されています。

天井の中に埋め込めるようにしてあります。

7月9日【1】

書斎の窓廻りに障子用の枠が

取付けられました。

内観
内観

7月7日【3】

キッチンのフード用ダクトが取付けられ

います。

7月7日【2】

建具の枠が取付けられています。

内観
建具

7月7日【1】

石膏ボードが貼られて、

壁が出来てきました。

7月6日【4】

押入とクローゼットになるところです。

これから建具を附けられるように

下がり壁などを施工していきます。

サッシ
サッシ

7月6日【3】

出窓ベンチのサッシです。

かわいらしいサイズの窓ですね。

7月6日【2】

今回の現場では、耐力壁に窓があるため

見えてもキレイな化粧筋交いを

入れてあります。

断熱処理
外壁

7月6日【1】

キッチンの取付予定場所に固定出来るよう

下地を入れておきます。

7月2日【4】

下地を入れて内部の間仕切り壁を

施工しているところです。

外観
外観

7月2日【3】

奥から順番にキシラデコールの

塗装をしています。

手前が塗装前、奥が塗装後です。

7月2日【2】

外壁の塗装がもう少しで完了です。

この後手摺の取付作業へ進みます。

外壁
外観

7月2日【1】

階段が施工されて

上り下りが楽になりました。

7月1日【4】

小林大工が階段の施工をしています。

メジャーで階段幅を測り、

階段裏からクサビ材を入れます。

一枚一枚同じ作業です。

換気システム
換気システム 7月1日【3】

スイッチボックスと洗濯機用の水栓が

取付けられました。

7月1日【2】

電位配線がまとまっているところには、

分電盤がつきます。

外工事
透湿シート 7月1日【1】

壁には筋交いが入り、扉の枠をつける為の下がり壁を作ります。

6月30日【4】

内部工事は、電気配線も進みました。

大工工事は、天井組が終わり、壁下地を

入れているところです。

内部工事
外観 6月30日【3】

軒天の塗装が終わりました。

スリットがあるのは、割れを防ぐためです。

6月30日【2】

サイディングと塗装の取り合い部分です。

外観
外観 6月30日【1】

外廻りの工事が進んでいます。

6月29日【4】

養生を剥がして作業完了です。

屋根断熱
屋根断熱 6月29日【3】

防水用シーリングを充填していきます。

6月29日【2】

養生をして、プライマーを塗ります。

上棟
上棟 6月29日【1】

外壁と木部の取り合い部分に

シーリングを充填します。

6月25日【4】

透湿シートの次は外壁を

留めるための胴縁をつけていきます。

上棟 6月25日【3】

また湿気は通すので、室内で発生した

湿気が外へ逃げられるようにし内部結露が起こるのを防ぎます。

また電気配線などは、外へ出した後

防水テープで穴をふさぎます。

6月25日【2】

透湿防水シートとは、

水は通さず湿気を透すシートのことで、

水を通さないので外壁仕上げの中まで

侵入してしまった雨水をブロックし、

柱などの木材が腐るのを防ぎます。

大工工事
大工工事 6月25日【1】

外壁施工の前に透湿シートを

貼っていきます。

6月23日【5】

一枚一枚大きさに合わせカットしながら

入れていきます。

大工工事
大工工事 6月23日【4】

天井に断熱材を入れているところです。

6月23日【3】

外壁についている筒状のものは、

キッチンの換気専用スリーブです。

大工工事
大工工事 6月23日【2】

柱と筋交いを繋ぐ金物や

柱と梁を角で繋ぐコーナー金物。

6月23日【1】

外壁面と梁を繋ぐ金物。

大工工事
上棟 6月22日【4】

高所用のサッシを外からみると

こんな感じになります。

6月22日【3】

ダイニングに設置したベンチは

出窓になっていて、スリットサッシが

つきます。

階段
スイッチBOX 6月22日【2】

2階リビングには大きなサッシが

取付けられました。

今回筋交いは見える仕様になっています。

6月22日【1】

2階に取付られた高所用サッシです。

ブルーシートで覆われていても

光が差し込んでいますね。

バルコニー
屋根断熱 6月18日【4】

RB-M1(R)工法で施工しています。

6月18日【3】

バルコニーの防水工事を行いました。

屋根断熱
屋根断熱

6月18日【2】

扉を開けると浴槽がみえます。

ユニットバス内部は換気扇や水栓などの

設備を除き1日で施工完了します。

6月18日【1】

ユニットバスが設置されました。

壁ができあがる前に施工します。

屋根断熱
屋根断熱

6月17日【4】

土台と柱を繋ぐ金物です。

ビスの位置や数などに決まりがあります。

6月17日【3】

軒裏は、塗装をします。

どんな風に仕上がるか楽しみですね。

屋根断熱
屋根断熱

6月17日【2】

小山大工はバルコニーの束を入れている

ところです。

6月17日【1】

火打ち梁です。

今回は見せる梁もあるので化粧に

してあります。

屋根断熱
屋根断熱

6月11日【6】

大きく空いているところは、

窓がつくところです。

パネルは全て、お家ごとにオーダー製作

しています。

6月11日【5】

外壁パネルを固定していきます。

上棟
上棟

6月11日【4】

黒い配管は、排水管です。

音が伝わないようにカバーが巻いて

あります。

6月11日【3】

給排水の先行配管が見えています。

青が給水、ピンクが給湯、オレンジは

電気の配管ですね。

上棟
上棟

6月11日【2】

こちらは玄関ドアの枠です。

サッシは工場で組み立てられたきた

ものが納品されます。

6月11日【1】

玄関ドアのやサッシなどが搬入されて

きました。

上棟
上棟

6月5日【6】

建物の検査では、金物の数や止め方

位置などを確認されます。

6月5日【5】

棟を止める金物は

短冊金物といいます。

ビスの数と止め方で強度を保ちます。

上棟
上棟

6月5日【4】

化粧梁には養生をしてありますね。

6月5日【3】

屋根屋さんが作業中。

こんな高いところで作業って

コワくないのかな

上棟
土台

6月5日【2】

軒の出を大きくしているので、

印象が違いますね。

6月5日【1】

屋根工事です。

今回はスレート屋根ではなく、

鋼板屋根です。遮熱・耐食性能が

高い商品を採用しています。

土台
土台

6月4日【10】

今回の建物はTKパネル仕様ではなく

設計は別の建物です。

屋根の形が違いますよね!

どうなっていくか楽しみです。

6月4日【9】

一番高いところ。

棟の木を入れようとしています。

基礎配管
基礎配管

6月4日【8】

小林大工が梁を叩いて

柱とつないでいます。

6月4日【7】

声かけしながらクレーンで

材料を上げていきます。

基礎配管
基礎工事

6月4日【7】

穴が開いているところには

束や柱が立ちます。

6月4日【6】

梁や横架材と呼ばれる材料は

羽子板ボルトでしっかり締固めます。

土台敷き
土台敷き

6月4日【5】

柱と梁はBロックというピン付きの

金物でしっかり固定します。

6月4日【4】

クレーンで大きな梁が運ばれてきます。

配筋検査
配筋検査

6月4日【3】

社長、設計士さん、M様で

上棟札の位置を相談中。

6月4日【2】

午前中で柱を建てて、

2階の床を組んでいきます。

基礎工事
基礎工事

6月4日【1】

前日が雨だったので、心配していましたが

お天気も回復し無事上棟が行えました。

5月28日【2】

最後に天気が悪いので、

濡れてしまわないようブルーシートで

養生しておきます。

基礎工事
基礎工事

5月28日【1】

床材の上に養生用シートを貼って、

汚れないようにしておきます。

床材を貼るときは、剥がします。

5月27日【4】

構造用合板を敷いて、

養生をしたら 土台敷きは完了です。

 

基礎工事
基礎工事

5月27日【3】

Pロックといいます。

これから土台を敷いていきます。

5月27日【2】

土台と柱を繋ぐ金物を入れておきます。

基礎工事
基礎工事 5月27日【1】

大引を支えているのは、

床束【YTB束】です。
最大圧縮荷重28.99KN(測定値)の

優れものなんです。

5月22日【3】

基礎と土台の間には天端リストという

隙間をなくすために挟むゴム製の

パッキンを入れます。

基礎工事
基礎工事 5月22日【2】

こんな風に施工するので、

コンクリートの内側は冷えにくい。

基礎断熱といいます。

5月22日【1】

基礎の外壁側に施工する断熱材です。

基礎工事
基礎工事 5月20日【3】

スケールをあてて確認。

正しく出来ていますね。

5月20日【2】

型枠をはずし、高さ・幅を確認します。

基礎工事
基礎工事 5月20日【1】

無事基礎ができあがりました。

5月19日【2】

立上り部分の打設です。

基礎工事
地鎮祭 5月19日【1】

アンカーをセットしたことを確認します。

5月15日【2】

型枠には、基礎と土台や柱を繋ぐ

アンカーをセットしておきます。

型枠同士をとめている金物は、

コンクリートの圧力で型枠が

広がらないように取付けます。

基礎工事
基礎工事 5月15日【1】

耐圧が固まったのを確認し、

次は立上りの型枠を組んでいきます。

5月14日【3】

耐圧と言われる平らな部分の打設が

完了しました。

基礎工事
基礎工事 5月14日【2】

配筋検査無事に合格しました。

コンクリートの打設を行います。

5月14日【1】

コンクリートの圧力で、配管用の穴が

つぶれてしまわない様に

ボルド管という筒を入れておきます。

基礎工事
基礎工事 5月13日【5】

地鎮祭でお祈りをしてもらった

【鎮物】もちゃんと納めます。

5月13日【4】

コンクリートを流す前に、全て確認します。

基礎工事
基礎工事 5月13日【3】

規定通り継手の重なりができているか。

5月13日【2】

検査の内容は、長さや、鉄筋の太さ。

基礎工事
基礎工事 5月13日【1】

外周部に型枠を組んで、配筋を組みます。

配筋が終わると【配筋検査】を受けます。

外部の専門検査員さんが確認します。

5月11日【3】

その上に透湿防水シートを敷きます。

地面からの湿気をコンクリートへ

伝えないために敷きます。

基礎工事
基礎工事 5月11日【2】

重さの違う重機を使用し

さらに締め固めて行きます。

5月11日【1】

掘削が終わったら、砕石をして

転圧機で締め固めていきます。

基礎工事
基礎工事 5月8日【2】

その後重機で掘削します。

基礎の図面通りの高さになっているか

スケールをあてて確認します。

5月8日【1】

杉並区M様邸施工レポート始まりです。

【遣り方】と言って建物大きさで

木枠を組み、糸を張って範囲を確認します。

基礎工事

 

1

青梅市

新社屋

2

杉並区

M様邸

3

青梅市

T様邸

4

青梅市

GS様邸

5

青梅市

GH様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30