安心の家造り。施工中現場をリポートします。│青梅市T様邸

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



1

青梅市

新社屋

2

青梅市

K様邸

3

青梅市

T様邸

4

青梅市

GS様邸

5

青梅市

GH様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

施工中現場リポート

◇青梅市T様邸◇

2018.10.6更新

10月6日【14】

駐車場以外の場所は、

防草シートの上に白砂利を敷きました。

壁・天井
発表会

10月6日【13】

コンクリートが打設され、

固まるまで養生しておきます。

10月6日【12】

玄関にタイルが貼られて、

手摺がつきました。

下地補強
天井下地

10月6日【11】

外では駐車場工事をしています。

コンクリートが割れないように

目地材を入れて、鉄筋を敷きます。

10月6日【10】

真ん中に見える機械は、

クロスに糊付けをする為のものです。

メーター数を入力すると自動で

糊付けしてくれます。

配管
石膏ボード

10月6日【9】

パテがしっかり乾いたら

クロスを貼っていきます。

10月6日【8】

リビングへの入口の引戸です。

発表会
軒裏換気口

10月6日【7】

建具の扉がつきました。

トイレドアなので、ライトスコープが

ついています。

10月6日【6】

ブロックを積んで土留をします。

仕上げは玄関と同じタイル仕上げに

なります。

バルコニー
建具枠

10月6日【5】

外では外構工事が始まりました。

玄関ポーチを作っていきます。

10月6日【4】

ビスや出隅などにパテを塗って

乾燥させます。

これはクロスを貼るときに

平らに仕上げるための下地処理です。

階段
軒天

10月6日【3】

内装工事用の材料クロス材が

搬入されました。

10月6日【2】

トールタイプのカップボードが、

設置完了です。

外観
配管

10月6日【1】

キッチンの設置作業に入りました。

キッチンパネルを貼って、

ガス台を設置しています。

9月24日【3】

扉や、レバー、引手が納品されました。

取付が楽しみですね。

配管
配管

9月24日【2】

エアコンや24時間換気用のスリーブは、

ボードも穴を空けて取付が出来るように

します。

9月24日【1】

階段周りの壁ができました。

これから仕上げの廻り縁と巾木の

取付をします。

24時間換気本体
LAN

9月17日【7】

和室のカウンターです。

座る高さや置く物など打合せをして

決めました。

9月17日【6】

造作の洗面カウンターです。

カウンターは大工施工。

ご希望の水栓金具と洗面を

設備屋さんが取付けます。

外観
配線・配管

9月17日【5】

主寝室の内部収納は、枕棚と中段です。

高さは収納する物に合わせてあります。

9月17日【4】

収納内部に枕棚とパイプがつき、

残りは巾木と廻り縁です。

内部
軒天

9月17日【3】

木工事では階段が施工されています。

2階へ上がるのが楽になりました。

9月17日【2】

給湯器の設置が終わりました。

次は基礎廻りを左官屋さんが

塗っていきます。

下地
外観

9月17日【1】

足場が解体され外観が

見えるようになりました。

9月1日【5】

天井が出来れば床材を貼っていきます。

外観
外観

9月1日【4】

天井の下地組が終わり、石膏ボードを

貼っていきます。

9月1日【3】

玄関のひさしが取付けられました。

内観
内観 9月1日【2】

バルコニーに手摺りが取付けられました。

9月1日【1】

床材が搬入されました。

吹抜け
8月13日【6】

勝手口に庇がつきました。

8月13日【5】

破風板が取付けられています。

外壁と破風板の間にもシーリング材を

充填していきます。

スリーブ 8月13日【4】

丸いのはスリーブの穴です。

廻りにはドームパッキンと気密テープが

貼ってあります。

横から見えるのは電気の引込線です。

8月13日【3】

24時間換気用の外フードです。

電気の引込線も見えていますね。

外観
外観 8月13日【2】

防水屋さんがサッシ周りや外フードの廻りに

シーリング材を充填いています。

高耐候シーリング材なので

変形、変色、劣化等の変質を起こしにくく

屋外で使用しても安心です。

8月13日【1】

外壁の施工が終わりました。

白い色がメインの外壁はかわいいですね。

外観
7月29日【7】

梁などの横架材を繋ぐ金物です。

短冊金物と言います。

これらの金物がきちんと

取付けられているか ?

外部の検査機関に検査を受けます。

7月29日【6】

柱と筋交いを固定する金物

リベロ2っていいます。

ビスの位置や本数などが決まっています。

決まりに沿って取付け強度を確保します。

7月29日【5】

天井の下地を組む前に、

設備屋さんが給排水の配管工事をします。

壁から出ている管の廻りにつているのは、

断熱材です。

7月29日【4】

梁同士、梁と柱に取付ける羽子板ボルト。

7月29日【3】

外壁に空いている穴は、

スリーブといいます。

エアコンや24時間換気用の穴です。

これから電気屋さんが

外フードを取付けます。

7月29日【2】

仮階段を使い二階へ。

内部では金物の取付に入ります。

7月29日【1】

ユニットバスの廻りに壁を作っていきます。

7月28日【5】

先日組み立てていたユニットバスです。

設置が完了しました。

白いお風呂いいですね。

外工事
透湿シート 7月28日【4】

電気や給水などの線が外へ出ています。

防水テープでしっかり固定してありますね。

7月28日【3】

こちらは勝手口ドア。

透湿シート
外観 7月28日【2】

玄関ドアも取付完了です。

7月28日【1】

透湿防水シートが貼り終えました。

サッシが取付けられて、

透湿防水シートが貼られると

雨の浸入を防ぐので、一安心です。

屋根施工
大工工事 7月22日【5】

ユニットバス専門の施工業者さんが

1日で取付をします。

架台を設置しているところです。

7月22日【4】

浴槽が立てかけてありますね。

架台の設置が終わったあと

取付けられます。

大工工事
大工工事 7月22日【3】

ユニットバスが搬入されました。

7月22日【2】

キッチンの給排気用スリーブが

空けられました。

大工工事
外観 7月22日【1】

外壁施工前に透湿防水シートを

手作業で職人さんが貼っていきます。

7月17日【5】

バルコニーのFRP防水工事が終わりました。

硝子繊維のシートを敷いた上に

固まる溶剤を何層にも塗っていきます。

屋根瓦工事
屋根瓦工事 7月17日【4】

土台と柱を外側から固定する金物です。

7月17日【3】

羽子板金物が見えていますね。

決められた位置に決められた本数の

ビスを打って強度を保ちます。

屋根瓦工事
屋根瓦工事 7月17日【2】

サッシの枠が取付られました。

窓を入れていきます。

7月17日【1】

建物の強度を保つ筋交いが入りました。

柱と筋交い、梁と筋交いを繋ぐ金物も

固定されます。

屋根瓦工事 7月15日【4】

1階トイレ用の給排水です。

床下から配管を通してありますね。

7月15日【3】

ユニットバス施工前に設備屋さんが

給排水の管を設置します。

大工工事
大工工事 7月15日【2】

建物の内部からみるとこんな様子です。

リビングの高所用サッシと

キッチンのすべり出し窓が

取付られています。

7月15日【1】

サッシが搬入されて、取付が始まりました。

大工工事
上棟 7月13日【3】

ベランダくんを敷いていきます。

飛び火認定の他、耐火性、耐水性、

堅牢性にも優れています。

7月13日【2】

床板を貼って床を作ります。

階段
スイッチBOX 7月13日【1】

バルコニーの施工です。

床下地を作ったら腰壁を作っていきます。

7月10日【5】

屋根瓦の施工に入りました。

アスファルトルーフィングと言われる

防水シートを貼っていきます。

バルコニー
屋根断熱 7月10日【4】

一番高い棟には発泡ウレタンを充填します。

7月10日【3】

屋根パネルが全て設置されました。

屋根断熱
屋根断熱

7月10日【2】

クレーンで吊上げたパネルを

決まった場所へ設置します。

7月10日【1】

屋根TKパネルです。

専用の金具を取付、クレーンで

あげて設置します。

屋根断熱
屋根断熱

7月7日【11】

2階分のTKパネルが搬入されました。

7月7日【10】

これがピンです。

屋根断熱
屋根断熱

7月7日【9】

柱、金物には同じ位置に穴が開いていて、

横からピンで固定します。

この穴の位置がずれていると

ピンが入らないので、大変です。

ピンを打つことによって金物が固定され、

地震などの揺れにたえられるように

なっています。

7月7日【8】

柱と梁に金物を取付けていきます。

屋根断熱
上棟

7月7日【7】

材料をクレーンで吊上げ

指示を出していきます。

7月7日【6】

1階の柱が全てたち、パネル屋さんが

壁パネルを入れている間に

大工達は2階の柱を建てています。

上棟
上棟

7月7日【5】

壁のパネルは全てオーダー品です。

お家ごとの開口に合わせ、

工場で生産されてきます。

7月7日【4】

パネル屋さんが壁パネルを

入れています。

土台敷き
土台敷き

7月7日【3】

建物の歪みがでないよう、全ての作業が

終わるまで仮筋交いを入れて

固定していきます。

7月7日【2】

NewTKパネルが搬入されました。

中に入っているのは、

断熱材フェノバボードです。

土台敷き
土台敷き

7月7日【1】

お天気が信間pされていましたが、

快晴のなか上棟です。

7月6日【5】

1階の構造用合板を貼り終えました。

養生シートを貼って作業完了です。

土台敷き
土台敷き

7月6日【4】

給排水と断熱材などの施工が終われば、

床材を貼っていきます。

7月6日【3】

大木引きと呼ばれる材木を支える床束です。
鋼製束【YTB束】です。

最大圧縮荷重28.99KN(測定値)の

優れものです。

土台敷き
土台敷き

7月6日【2】

給水、給湯用の配管を、床が出来る前に

水道屋さんが施工します。

引込からヘッダーをつけて

各場所へ給水します。

7月6日【1】

基礎の外周部に断熱材を入れていきます。

スタイロフォームUです。

土台敷き
土台敷き

7月2日【4】

材木は工場でプレカットといい

加工されて現場へ搬入されます。

細かな調整などは大工が

その場で作業します。

しっかり養生をして、作業完了です。

7月2日【3】

この金物の上に土台の材木を

固定していきます。

土台敷き
土台敷き

7月2日【2】

天端リストとPロック用の

台座が取付けられています。

7月2日【1】

今日から土台敷きです。

土台敷き
土台敷き

7月1日【2】

基礎工事の完成です。

7月1日【1】

コンクリートが固まったことを確認し

型枠をはずします。

土台敷き
土台敷き

6月30日【6】

バイブレーターを使い

コンクリート内部の空気を抜きます。

数日間の養生期間をおいて

型枠を解体します。

6月30日【5】

型枠を組んで準備が整ったら

コンクリートを流して行きます。

配筋検査
配筋検査

6月30日【4】

鉄筋の間にアンカーボルトを設置します。

基礎と土台、柱を繋ぐ為

入れる金物です。

6月30日【3】

型枠組み完了。全景です。

基礎工事
基礎工事

6月30日【2】

コンクリートが型枠にくつつかないよう、

剥離剤を塗っておきます。

6月30日【1】

続いて立上りの型枠を組みます。

基礎工事
基礎工事

6月29日【6】

鉄筋の間に見えるシルバーの板。

基礎止水プレートといいます。

繋ぎ目から虫や水の浸入を防ぐために

入れます。

このあと耐圧コンクリートを打設します。

6月29日【5】

スリーブ用の穴がコンクリートの圧力で

つぶれてしまわないように入れます。

基礎工事
基礎工事

6月29日【4】

地鎮祭でお祈りをしてもらった鎮物。

ちゃんと現場に納めます。

6月29日【3】

立上りの鉄筋高さや長さを

タテヨコスケールをあてて確認します。

基礎工事
基礎工事 6月29日【2】

鉄筋の繋ぐ長さに決まりがあります。

スケールをあてて

正しく出来ているか確認します。

6月29日【1】

型枠を組んで鉄筋を組んでいきます。

基礎工事
基礎工事 6月25日【5】

防湿シートは地面の湿気を基礎へ

行かないように敷いておきます。

6月25日【4】

整地したら、防湿シートを敷いていきます。

基礎工事
基礎工事 6月25日【3】

転圧完了です。

6月25日【2】

転圧機は重さ、種類の違うものを

2種類使用します。

基礎工事
基礎工事 6月25日【1】

掘削が終わり砕石をした後転圧します。

転圧機を使い、石を締め固めます。

6月23日【2】

図面通りに掘削できているか?

スケールをあてて確認します。

基礎工事
地鎮祭 6月23日【1】

いよいよ着工です。

6月22日【13】

お施主様から順番に

奥様、お子様、ご親戚、施工者で

納めます。

続いて奥様、お父様も納めます。

基礎工事
地鎮祭 6月22日【12】

「玉串奉奠」

置き方などに決まりがあり、

ちょっと緊張しますが、

神主さんが横でサポートしてくれます。

6月22日【11】

最後に施工者代表で

社長もえい、えい、えい!!

地鎮祭
地鎮祭 6月22日【10】

奥様もつづいて。

大きな声でえい、えい、えい!。

6月22日【9】

「鍬入れ」です。

大きな声でえい、えい、えい!

地鎮祭
地鎮祭 6月22日【8】

四隅全てにまきおわると、中央にもまきます。

6月22日【7】

神主さんがお祓いをして、

お施主様がまいていきます。

地鎮祭
地鎮祭 6月22日【6】

回る順番があり、神主さんが丁寧に

教えてくれます。

6月22日【5】

「四方払い」

建物の周り四方に

お米・お塩などをまきお祓いをします。

地鎮祭
地鎮祭 6月22日【4】

四方払いの準備をします。

6月22日【3】

神様に降りてきてもらうお願いをします。

場所やお施主様のお名前を

読み上げていきます。

地鎮祭
地鎮祭 6月22日【2】

神主さんがお祈りをしながら

お祓いをしていきます。

6月22日【1】

今日は地鎮祭です。

工事の無事と建物の安全を祈願します。

祭壇には酒・水・米・塩・野菜・魚など

神様へのお供え物がならべてあります。

地盤調査
地盤調査 6月18日【5】

調査結果は後日会社へ送られてきます。

結果によっては地盤改良という

工事を行うこともあります。

6月18日【4】

調査ポイントは

敷地や建物の大きさによって

増えたり減ったりします。

調査会社が図面を確認して、

調査ポイントにはA/B/C・・・と

名前がつけられています。

地盤調査
地盤調査 6月18日【3】

建物を建てても大丈夫な力を

地面が持っているかを確認します。

最初に重りを乗せない状態でロッドと

呼ばれる棒が入っていくかどうかを

確認します。

6月18日【2】

試験方法は、

“スウェーデン式サウディング試験”

と いいます。

資料などに『SS試験』と書いてあります。

解体工事
解体工事 6月18日【1】

青梅市T様邸です。

地盤調査を行いました。

 

1

青梅市

新社屋

2

青梅市

K様邸

3

青梅市

T様邸

4

青梅市

GS様邸

5

青梅市

GH様邸

6

__市

_様邸

7

__市

_様邸

8

__市

_様邸

9

__市

_様邸

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30