青梅市の工務店TKプランニング、代表取締役木村智行のごあいさつ

社長木村智行の家づくりに対する理念

家づくりは真剣勝負です。代表取締役木村智行

無料プレゼント 後悔しない注文住宅

50年後も絶対に後悔しないTKプランニングの家づくり
大手住宅会社には出来ない高品質で低価格の秘密
ここが違う安心の明朗会計
絶対に手を抜かない職人魂
快適な高気密・高断熱仕様
住む人に優しい健康住宅
地震・火災に強い耐久性
絶対安心の保証システム
どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい
土地を探して欲しい
二世帯住宅に住みたい
家づくりの流れ
よくあるご質問

スタッフ紹介

スタッフブログ

過去レポート



社長木村智行の家づくりに対する理念

小さい時からモノづくりが好きでした。

私は青森県の出身です。 青森県で過ごした子供時代、よく車のプラモデルを作って友達と走らせて遊んでいました。 プラモデルはパーツを切って組み立てれば車の形になりますが、私はそれだけではつまらないと思い、専用の塗料を買ってきて色付けまでして、よりリアルな車に近いプラモデルを作っていました。 一緒に遊んでいた友達や両親が、私が作ったプラモデルをほめてくれたことがとてもうれしくて、ますます力を入れてプラモデル作りをするようになりました。

今思えば、家づくりをする時に細部まで全力を尽くして仕上げていくことやお客様に喜んでいただき、当社の家づくりをおほめいただくと、このお客様のためにもっと喜んでいただくためにはどうしたら良いのだろうかと真剣に考えてしまうことなどは、この私の子供の頃の体験からきているような気がします。

建築家を目指したきっかけ

私の叔父は地元で測量事務所を経営しています。子供の頃その叔父はとても羽振りが良く、仕事をしている姿もとても恰好よく見えました。 多少不純な動機かも知れませんが、その叔父の姿にあこがれて「大人になったら測量技師になりたい」と思ったのが、私が建築業界を志望した動機です。 ところが、私が中学生の時、友達がどこかで『測量技師よりも建築士の方がすごいんだ』という話を聞いてきました。その話を信じて、「それなら建築士を目指そう」と、将来の夢を変更したのです。 建築業界で仕事をするようになると、測量技師も建築士もどちらがすごいということはないことはわかるのですが、中学生の時の友達同士の話で志望を変えるというのは、我ながら純粋だったんだなと思います。 しかし、その話を聞かず、測量技師になっていたとしたら、今までTKプランニングで家を建てていただいた施主様とお会いすることもできませんでしたし、私自身ワクワクする家づくりができていなかったわけですから、やはり建築家を目指したことは正解だったと思っています。

建築士を目指して上京

高校を卒業すると、建築士の勉強をするために上京しました。当時、青森県には建築系の専門学校がなく、自分の夢をかなえるためには上京するしかなかったのです。 東京に行く時に、両親は私が故郷に帰ってくることはないだろうと思ったそうです。家を出る時、両親はとても寂しそうにしていたことを覚えています。 実際に青森に帰ることはできませんでしたが、私の夢のために笑顔で送り出してくれた両親に心から感謝しています。

最年少で念願の建築士の資格取得

東京の学校を卒業した後、新宿の工務店に就職しました。 その会社では現場監督として仕事をさせていただきましたが、現実は現場の片づけばかりの毎日で、設計の仕事はさせてもらえませんでした。 このままでは、建築士になるという自分の夢をかなえることが難しいと思い、転職を決意しました。

次に就職したのは、設計事務所です。この会社で建築設計の基本を学び、二級建築士の資格を取得することができました。 この会社で働いたことで、私の夢が一歩前進することができたのです。

この会社もある事情で辞めなければならなくなり、次は羽村市の工務店に就職しました。 この会社の就職試験の面接の時に「26歳で一級建築士の資格を取れなければ会社を辞める」と社長に宣言してしまいました。今思えば赤面するばかりですが、自分としては夢の実現を、そのくらい真剣に考えていたのです。 就職した後、この会社では設計兼現場監督として仕事をしました。 ある時、社長が『半年間仕事をしなくて良いから一級建築士の資格を取るための勉強をしろ』と言い出しました。私は生活ができなくなるので無理だというと、『半年間給料は保証するから勉強に専念しろ』と言ってくれたのです。 正直、仕事をしながら一級建築士の資格を取得するのは難しいと思いはじめていたので、社長の言葉に甘えて、半年間勉強の時間にあてさせていただきました。同僚たちも半年仕事を休むことを喜んで受け入れてくれたのです。 しかし、社長や同僚たちがそこまで私に期待してくれている気持ちをありがたいと思うと同時にものすごいプレッシャーを感じ、「もし、不合格であれば死んでお詫びするしかない」と思いながら真剣に勉強しました。私の一生の内で、あれほど勉強した時期はありません。

そうして、私は26歳で一級建築士の試験に合格することができたのです。一級建築士は専門の学校を卒業した後、一定期間の現場経験がないと取得することができない資格なので、最短での合格です。 会社にその報告に行くと、社長も同僚たちも我がことのように喜んでくれました。 この会社で働くことができたことで、自分の夢をかなえることができたのです。また、この会社にTKプランニングの原点があるのです。

この会社の社長とは、今でも盆暮れの挨拶は欠かしていません。行くたびに、私が経営者として会社を続けていることを本当に喜んでくれています。 お客様のためというのは当然ですが、私の子供の頃の夢の実現のために協力していただいた社長やあの時の同僚のためにも、どんなことがあっても会社を続けていかねばならないと思うのです。

そして独立へ

一級建築士の資格を取得した後、3年間この会社で働きました。しかし、どうしても自分で会社を経営したいと思い、29歳で独立を決意したのです。 独立する話を社長に相談した時、かなりひきとめられましたが、3度目の申し入れでしぶしぶ了承してくれました。 それでも、最初はお客様もないだろうと気遣ってくれ、その会社の設計の仕事を私の会社で請け負うという形でスタートすることになりました。

その社長のおかげで独立した後も生活に困ることはなく、仕事も順調にこなしていくことができました。しかし、当時の仕事は100%その会社からの請負だったので、本当に独立したことにならないと、仕事を回していただくことを断り、自力で営業し仕事を取ることにしたのです。 また、設計だけではなく、家づくり全般をしていきたいという思いもありました。

実は、TKプランニングという社名は、平成6年にこの社長が考えてくれた名前です。 「木村建設」とか「木村工務店」では古臭いし、これからの時代には合わないだろうと考え、当時は●●プランニングという会社は少なかったのですが、私のイニシャルをとって、TKプランニングとしたのです。

不動産会社の下請け時代

一人で仕事をするといっても営業をしたことがなく、設計や家づくりに自信があってもお客様がいない状態からスタートしました。 その状況を見ていた住宅の営業マンの知り合いが、手伝おうかと言ってくれ、最初は彼と二人で不動産屋さんをまわり、建売住宅建築の下請けの仕事を始めました。 その仕事は3年ほど続けましたが、予算と時間に追われながらする家づくりにやりがいを感じることはできませんでした。 それでも手抜きをすることなく、真剣に家づくりをしましたが、私たちが作った家に住むお客さまにお会いすることはなく、会社を続けるためには仕方ないと思いながらも、お金のためにする仕事に嫌気がしてきたのです。

直接お客様と向き合った家造りがしたい、この思いが日に日に強くなり下請け仕事はやめました。

もっと良い家にするためにパネル工法を採用

住む人の健康を害し、家の寿命を縮めてしまう原因の一つが結露です。 結露は家の内外の温度差で発生します。結露で発生した水分が家の内部にたまると、そこにカビやダニが発生しシックハウスの原因になったり、最終的にはシロアリが発生して家をダメにしてしまうのです。 その結露を防止するためには、水蒸気を室内に必要以上ためないことと、温度の低い部分をつくらないことが必要です。そのために樹脂や木製の二重サッシを採用するなど、設備的に対応することも必要ですが、それ以上に大切なのが正しい断熱の施工と有効な換気性能を持った家づくりをするということです。 正しい施工方法であれば、どんな断熱材であっても壁内結露を防ぐことはできますが、一般的に採用されている、グラスウールを隙間なく充填するという方法は、熟練の職人でも非常に難しい作用となります。 はっきりいえば、現場でグラスウールを隙間なく施工するのは不可能なのです。

しかし、お客様に安心して快適な生活をしていただくためには、断熱性能の高い家づくりをなければなりません。 不可能を可能にするためにはどうしたら良いかと悩んでいた時に出会ったのが、現在当社が採用している『TKパネル』です。 このパネルは、工場であらかじめ断熱材を充填したパネルを作り、現場に搬入して仕上げます。 これならば、断熱材の施工にムラが生じることはなく、大きさも自由に変更できるので自由設計の長所を残したまま家づくりができるのです。

さらに、このパネルで施工した家は、耐震性能が格段に高まるというメリットもあります。

このパネルを採用することで、「お客様のためによりよい家を作りたい」という私の思いを実現することができたのです。

家づくりが楽しくてしょうがない

不動産屋さんの下請けをしていた時の思いがあるので、直接お客様とお会いし、共に家づくりができることが楽しくてしょうがありません。 お客様と打合せをしていると、このお客様にもっともっと喜んでもらうにはどうしたら良いだろうかというアイディアが次から次にわいてきます。 どんなご要望でも、お客様の望まれることはプロとして実現してあげたいと思ってしまうのです。 まして、お引き渡しの後に「ありがとうございます」と感謝され、おほめの言葉をいただいた時は、涙が出るほどうれしくなります。 そのようなお客様からご連絡をいただいた時は、1秒でも早く駆けつけたいと思ってしまうのです。(現実、可能な限り早く駆けつけています)

今まで多くの人たちに支えられてきました。より良い家づくりをし、多くの人に喜んでいただくことが、その人たちに恩返しをすることだと思っています。

これからも、当社の家づくりに共感していただいた方と、ワクワクするような家づくりをさせていただけることを心から楽しみにしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お問い合わせ&プレゼント

お電話でのお問い合わせ、いつでも大歓迎です。電話0428-30-3391 営業時間8:30〜17:30